FELICE



憧れの女(ひと)スペシャル

新しい年を迎えて、今年の目標を考えているところです。
時間(ひま)もたっぷりあることだし、目指すべき「憧れの女(ひと)」を挙げてみよう!
顔ぶれを見たらヒントがあるかもしれないしね。

まずは日本人編。
d0090824_15521294.jpg
トップバッターは、昔からずーっと大好きなブレンダ
もう、20代初めからずっと変わらない美しさで、彼女が表紙を飾る雑誌をずっと買い続けています。
もちろん美しさの質はその時その時で変わっているものの、輝き続けていることには変わりません。
20代はきらきらと眩しいくらい輝いていたし、子供を生んで母性が加わった、最近の優しい笑顔も美しい人。

「しあわせ」って、それだけでこんなにパワーが出るものなんだって気づかせてくれるこの笑顔!
d0090824_17273748.jpg

次は年下なのに憧れてしまう後藤久美子
彼女のような女性には日本にとどまらずに活躍して欲しいと思っていたら、やっぱりゴクミはすごい!
見事な人生です。
彼女のように美しく、聡明な女性が日本にもいることを、これからも世界に知らしめして欲しいもの。
d0090824_16341023.jpg
最近活躍がめざましい萬田久子も、若いときから憧れ続けている女性。

営業の仕事についた時、知人の女性に「営業スーツなんか着ないで、萬田久子のようにパンツに長いトレンチコートを羽織った、颯爽とした格好をしなさい」と言われたことがあります。
多分、サスペンスか何かの影響みたいですが(笑)、それ以降の仕事上でのスタイルに大いに影響を受けた一言になっています。
20代で萬田久子?といぶかしがられたりもしたけれど、20年近く経った今も、変わらず輝き続けているのが何よりの証拠でしょう。

彼女の着物姿も大好き。
「萬田久子の感じる着物」は着物を探すときのバイブルです。
d0090824_15481548.jpg

d0090824_15535260.jpg

続いて、何度も登場している島田順子
もうー、60歳になったら銀髪に染めたい!って本気で考えているほど、何もかもがお手本になる女(ひと)です。
フランスに住み続けたことも、いつまでも女でいられる秘訣かも。だって、フランスは大人の美しい女性の宝庫ですもの。
彼女はファッションデザイナーだから、ファッションセンスがいいのは当たり前と言われるかも知れませんが、彼女の住む家のインテリアが素晴らしく素敵なのも彼女が好きな理由。
美意識を持って日々の生活を楽しむことで彼女の魅力に近づけるかも、そう思うと、大切なものを少しだけを心がけたくなります。
d0090824_16344259.jpg
最後は一般の方で熊倉正子さん。
この人もフランス在住かな。
何年か前にしきりにファッション誌に取り上げられていましたが、彼女の日本離れしたセンスやライフスタイルはお手本そのものでした。
彼女のPRしていた「エキプモン」や、「PAULE KA」は20代の頃に夢中になっていたブランドでもありました。
d0090824_1625787.jpg

続いて外国人編。

不慮の事故で故人となった、JFKジュニア婦人のキャロリン・ベセット・ケネディ
d0090824_16121240.jpg

聡明で「引き算美人」のお手本のような女性です。
中でもJFKジュニアと彼女の結婚式の写真は、ウエディングプランナー時代は写真立てに入れて飾っていたほどお気に入りの一枚。
当時、見学に来たある女性の「キャロリン・ベセット・ケネディのウエディングドレスをオーダーしたい」の一言に意気投合し、彼女もほぼ即決で私のプランニングを希望してくれました。
このドレスを見る度に、その時のことを鮮明に思い出します。
d0090824_16125460.jpg

ロイヤルつながり?ではヨルダンのラニア王妃も、ため息が出る美しさです。
自身の子供たちを愛し、恵まれない子供たちを愛し、慈愛に満ちた笑顔は「 世界で最も影響力のある女性100人」に選ばれるのも納得できます。
d0090824_16144261.jpg

d0090824_1785629.jpg

フランス女優のアナ・ムラグリスは私が最も好きな顔。
彼曰く「男顔~!」ですが、彼女ほどの美しい顔立ちの女性は未だに見つかりません。
d0090824_16244096.jpg

イギリスの女優、ケイト・ブランシェットも憧れの女(ひと)。
出演した映画全てが評価されるなんて、彼女ならではでしょう。
一見すると色々な役がこなせるとは思えない、穏やかで聖母のような美貌。
強いからこそ優しくなれる、そんなお手本かも知れません。
d0090824_16313564.jpg

d0090824_16305775.jpg

フランス映画「マーガレットと素敵な何か」を観ても感じましたが、フランスには才色兼備の女性が多いことに改めて驚かされたのが、フランス女性政治家のクリスティーヌ・ラガルドラシダ・ダチの存在。
クリスティーヌ・ラガルドは、今やIMFの専務理事といった方が有名でしょうか。
d0090824_1733066.jpg

二人とも有能なキャリアウーマンなだけじゃなく、女性としても美しく魅力的です。
特にラシダ・ダチは43歳にして未婚の母になる潔さは、真似できなほど格好いい!
妊婦にして、ドルチェ&ガッバーナのコートを颯爽と着こなしているところもため息もの。
d0090824_17255453.jpg


d0090824_1741956.jpg

二人を見ていると、林真理子の「キレイと仕事は車の車輪。ふたつは同時に回り出す」という言葉を思い出します。
こんな魅力的な女性政治家が増えれば、日本も魅力的な国になるような気がしますが・・・、どうでしょうか。

小さい頃、見た目より中身が重要と母から言われて育ちました。
きっと、お洒落ばかりしたがる私に苦言を呈したかったんだと思います。
確かに中身も大切、でも今は見た目も大切。
だって、歳を重ねるに連れて、内面が外見に表れてくることを実感したから。

私が挙げた「憧れの人(ひと)」は国籍や年齢こそ違っても、守るべき、もしくは支えられている家族がいる人たちばかり。だからこそ、強く美しくいられるのかも知れません。
強さだけじゃない、優しさや美しさも兼ね備えた「しあわせな人」に少しでも近づける、そんな一年にできたらいいな。


[PR]
by laperla616 | 2012-01-02 17:59 | 憧れの女 | Comments(2)
Commented by myonlylife at 2012-05-24 14:04
はじめまして。
「キャロリン・ベセット・ケネディ」で検索していてたどり着きました。
素敵な人ですよね~。
自分が結婚する時には(ずいぶん前です、、、)このドレス知らなかったのですが、知っていたらこんなドレスで結婚式したかったなあと思います。ドレスだけじゃなく普段のファッションも素敵。

それに、島田順子さん!
私もなんて素敵な着こなしをする人だろう と思ってました。
インテリアも素敵なんですね。
こういう人を目標に自分の美意識も磨けたらいいなあと思います。

好きな女性が同じだったので親近感感じてコメントしてみました^^
Commented by laperla616 at 2012-05-25 21:13
myonlylifeさん
ブログ見せていただきました~。写真が素敵なのでびっくりしています。後でもっとゆっくり見たいな・・・。
ありがとうございます。キャロリン・ベセット・ケネディは素敵ですよね~!3年前に結婚したときは、諸事情があって(太って)こんなシンプルなドレスを着られなくて残念でした・・・。島田順子さんはぜひインテリアやライフスタイルもご覧になって下さい。
<< 「日山」の牛肉 あけましておめでとうございます >>


日々シアワセだと思うものについて
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
> desire_sa..
by laperla616 at 18:46
こんにちは、 私もア..
by desire_san at 15:42
Kさんありがとうございま..
by laperla616 at 07:09
すごいこんな素敵なお洋服..
by K at 20:48
> Kさん ありがとう..
by laperla616 at 15:05
お誕生日おめでとうござい..
by K at 00:54
こちらこそよろしくお願い..
by laperla616 at 08:32
早速の返信ありがとうござ..
by あわたさちこ at 22:32
あわた さちこ 様 はじ..
by laperla616 at 13:51
Kさんありがとうございま..
by laperla616 at 07:10
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧