FELICE



アルチンボルド展@国立西洋美術館

念願の「アルチンボルド展」に行ってきました。
大好きな彼の作品を一気に観ることができるなんて、考えただけで興奮します(笑)。
平日の朝一は並ばずに入れて良いですね〜。もっともアルチンボルドだとそれ程混雑はしないのかな。
d0090824_21160043.jpg

d0090824_21160174.jpg

このお方がジュゼッペ・アルチンボルドです。
細面で少し神経質そうなところは北イタリア出身らしい顔ですね。
ハプスブルク家の宮廷画家、アートディレクターとして活躍し、61歳でミラノに戻ります。
d0090824_21160201.jpg

絵を売る必要性が無かったせいか、作品は少なめ。
この絵を描けるのは緻密な素描が巧みな画家のみで、レオナルド・ダビンチの素描画もありました。宮廷画家ゆえにら国王や皇女の絵が見事!
また、ハプスブルク家のお城の敷地内には植物園や動物園があり、実物を目の前にスケッチができるという、恵まれた環境だったこともアルチンボルドの名画誕生に繋がったようです。
有名な「四季」に加えて、春夏秋冬それぞれと対で描かれたと言われている「四大元素」が同じ空間で鑑賞できたことはほんとうに、ほんとうに貴重です。
d0090824_21160277.jpg

残念だったのは、入り口で自分の顔がアルチンボルドの絵になる「アルチンボルドメーカー」を飛ばしてしまったこと。
もう一回行かなくちゃ。
いずれにしても大満足なアルチンボルド展でした。
d0090824_21160383.jpg

d0090824_21160361.jpg


[PR]
by laperla616 | 2017-06-30 18:49 | art | Comments(2)
Commented by desire_san at 2017-07-21 15:42
こんにちは、
私もアルチンボルド展を鑑賞してきましたので、ブログを興味深く配券しました。アルチンボルドが、野菜、魚介類なと様々な自然の生き物や人工物などを組み合わせて様々な奇怪な顔の絵をたくさん描いて、不思議な雰囲気に取り込まれるようです。特にアルチンボルドの『水』では62種の魚類や海獣などの水に関連する生き物が描きこまれていて、以前ウィーン美術史美術館でこの絵を観た時の衝撃を思い出しました。

アルチンボルドの絵ばかり見ていると、彼の不思議な世界に取り込まれて冷静に作品を見ることができなくなると思い、アルチンボルドの傑作『水』がウィーン美術史美術館の中でどのように展示されていたかを見て頂き、ウィーン美術史美術館の美術史に残る多くの傑作の中で、アルチンボルドの美術史的位置づけを考えてみました。ウィーン美術史美術館の傑作群を見て頂き、ご参考になれば幸いです。

Commented by laperla616 at 2017-07-22 18:46
> desire_sanさん
こんにちは。
素敵なコメントありがとうございます。
私はアルチンボルドやダリなど、一般の人には到底描けない圧倒的な才能に強烈に惹かれてしまいます。
ウィーン美術史美術館で「水」を鑑賞されたなんて、うらやましい限りです。
ぜひウィーン美術史美術館の数々の傑作をこの目で観て観たくなりました。
いつかのTo Doリストに加えたいと思います。
ありがとうございます!
<< フラワーバッグ&シューズのオブジェ ニヤニヤが止まらないリバティプリント >>


日々シアワセだと思うものについて
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
> desire_sa..
by laperla616 at 18:46
こんにちは、 私もア..
by desire_san at 15:42
Kさんありがとうございま..
by laperla616 at 07:09
すごいこんな素敵なお洋服..
by K at 20:48
> Kさん ありがとう..
by laperla616 at 15:05
お誕生日おめでとうござい..
by K at 00:54
こちらこそよろしくお願い..
by laperla616 at 08:32
早速の返信ありがとうござ..
by あわたさちこ at 22:32
あわた さちこ 様 はじ..
by laperla616 at 13:51
Kさんありがとうございま..
by laperla616 at 07:10
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧