FELICE



カテゴリ:Italia( 44 )


カラヴァッジォの秘密@イタリア文化会館

久しぶりにイタリア語で講演を聴いてきました。
「カラヴァッジォの秘密」の著者、コスタンティーノ・ドラッツィオ(Costantino D’Orazio)氏の講演です。
d0090824_09324049.jpg

カラヴァッジォは光と影の魔術師とも言われて、彼の絵はミケランジェロやラファエロと言った当時の画家とは一線を画す、独特の雰囲気。
絵の中で光が当たっていない闇があり、それはベネチアの画法でもあるそう。
とっさに起きるある一瞬を切り取ったような絵にはグッと惹きつけられますが、同時に眺めていると胸騒ぎがする、実はちょっと苦手な絵でもあります。

ビジネス用語は耳が聞き慣れないからダメでも芸術に関する単語だったらいけるかも・・・、とチャレンジしたものの、肝心な単語が分からなかったりと散々。
それでもコスタンティーノ・ドラッツィオ氏のイタリア語はとてもきれいで分かりやすかったです。
講演の最後に質疑応答の時間がありましたが、なぜだかご本人にライトが当たらず暗いままでした。
ええええー、と驚きましたが、最後までこんな感じ。
ご本人はとても感じのよい、素敵な方だったのに残念でした。
d0090824_09471364.jpg
d0090824_09475984.jpg

来週にはフィレンツェ時代の友人がイタリアから遊びにくるし、オリンピックのボランティアも来年から募集がかかる。
ああ、今週はイタリア語の猛勉強をしなくては!



[PR]
by laperla616 | 2017-10-30 21:27 | Italia | Comments(0)

3月8日はFesta della donna(女性のお祭り)

3月8日は国際女性デー(International Women’s Day)。

イタリアでは「Festa della donna」と呼ばれて、男性が日頃の感謝の気持ちを込めて、妻や恋人、身近の女性にミモザの花を贈る習慣があります。
今では日本のお花屋さんにも定着しつつあるようです。

ベッドからなかなか抜け出せない主人の代わりに、義理の母と私の分を買いに行ってきました。
私は寝室の出窓に、義理の母は1階のパウダールームに。
ミモザを少し飾っただけで周りがパッと華やかに!お花の持つパワーってすごいなあ。
d0090824_13491637.jpg

d0090824_1349175.jpg

そうそう、ミモザを贈ることばかり有名になりつつあるけど、この日ばかりは女性も家事などから解放されて、気兼ねなく女ともだちとディナーを楽しむことができます。
ん〜、ミモザもいいけどこっちの習慣もかなり魅力的(笑)。
d0090824_134918100.jpg

[PR]
by laperla616 | 2015-03-08 13:15 | Italia | Comments(0)

イタリアの名品

イタリアのものはどうして素敵なのか、そして美味しいのか。
それはきっと素材が素晴らしくて、その素材を生かそうと研ぎ澄まされたデザインになって洗練される、そんな気がします。
ジュエリーや革が有名ですが、私が好きなのはリネン(麻)。
中でもミラノのホームリネンブランド「Bellora」は、多分イタリアで1番好きなお店。

「Bellora」は120年以上の歴史を持つ名門で、上質な素材と洗練されたデザインが素晴らしくて、ベッド周りやクッションやルームウエア、ルームフレグランスに至るまで、店内の全てが欲しいもので溢れていました。
特にピンク×ライトグリーンのルームウエアは、ナチュラル×白も色違いで買ったほど。
室内だけじゃなく外にも着てでかけますが、その度に私らしいと褒められる1着です。
去年の夏に主人とフィレンツェに行った際も真っ先にアルノ川沿いの「Bellora」に向かうと、すでに違うジュエリーショップに変わっていました。
お店が閉まったことは残念だけど、その時は横浜そごうにもショップが入ってるし・・・、なんて思っていました。
今日久しぶりに横浜そごうのお店に行ってみたら、「Bellora」は2月18日で閉店するそうです。
少しずつ、少しずつ買い足そうと思っていたタオルやシーツが、もう日本で買えなくなるなんて考えてなかった!
ミラノの本社がインド企業に買収されて、商品や方向性が変わってしまったとのこと。
イタリアでの経済状況がこんなところにも影響してるなんて・・・。

「Bellora」のニュースは残念だったけど、かわりにうれしいことも。
ホワイトデーまでの期間限定ですが、大好きな「BABBI」がそごうの食品フロアに出展していました。
しかも、ミラノのリナシャンテで買ったピスタチオペーストもおいています!
ピスタチオ好きにはたまらない濃厚さで、1度食べたら忘れられない大好物。今後はオンラインショップでも購入できるとのことでまずはひと安心です。

イタリアの名品と呼ばれるものがどうかいつまでも続きますように。
[PR]
by laperla616 | 2013-01-21 22:52 | Italia | Comments(0)

おすすめのイタリア土産

いまさらですが、「リナシャンテ」(デパート)の食品売り場で見つけた「バラのビスケット」。
d0090824_10125753.jpg

食べてないので味はわかりませんが、女性にあげたら喜ばれそう。
d0090824_10101021.jpg

[PR]
by laperla616 | 2012-09-20 10:04 | Italia | Comments(0)

Venezia

イタリアの観光もちょっとご紹介します。

Veneziaは「水の都」で有名。
d0090824_21463753.jpg

車が走れないここでの移動手段は、水上バスにゴンドラ。DHLだってほらこの通り、ボートで運んでます。
d0090824_21554191.jpg

主人のたっての希望で「ゴンドラ」に乗ってみることに。
ゴンドラに乗るのはこれで2回目。
1回目は夜に乗ったから景色なんて全く楽しめなかっただけに、楽しみでした♪

かなり揺れながらもさすが年配のゴンドリエ、細い運河もスイスイと進んでいきます。
途中かなり渋滞が発生しますが、多分、年齢やキャリアで優先順位があるようです。
写真を撮らせてもらおうとすると急いで帽子を被ってポーズ撮ってくれたけど、あまり社交的ではないみたい。カンツォーネは歌ってくれませんでした・・・。
d0090824_22173445.jpg

ちょっと離れたところで昼寝しているゴンドリエ。このわずかな揺れは心地良いだろうなぁ!
d0090824_22215287.jpg

ゴンドラからの目線から見ると、同じ景色が少し変わって見えます。何だかおもしろい!
d0090824_2395857.jpg

サンマルコ広場は相変わらずの美しさです。
この広場の真ん中に立って、ぐるっと1周見渡すのが大好き。
昔の佇まいをそのまま残した風情は、タイムスリップしてしまうのでは?とかすかな期待を持たせてくれます。

それにしても暑い!さすがにカフェのテラスには誰もいませんでしたね。
d0090824_238380.jpg

この日の夜は大好きな「PRESEUS」のディナーが待っていたから、日帰りの旅は夕方で終了。
それでも彼はヴェネツィアを十分堪能したようで、案内人として役目は果たしたみたい。

[PR]
by laperla616 | 2012-07-29 23:11 | Italia | Comments(0)

FORTE DEI MARMI

この前お店のウィンドーに気になるものを発見!
近寄って見るとかごには「FORTE DEI MARMI」って文字。
d0090824_1414415.jpg

d0090824_1414154.jpg「FORTE DEI MARMI」はイタリアの高級ビーチで、フィレンツェから海に行こう!っていうとたいていここ。
白い砂浜にブルーのストライプのパラソルがいかにも!で、イタリアのビーチにしては清潔(失礼!)なのもうれしい。
もっと左にずーっと行くと男性専用ビーチもあるとかないとか・・・。






MARMI=大理石(複数形)が表すように、上質の大理石が豊富に採れるので街自体がとっても豊か。
街並みの美しさでも有名で、ミラノのお金持ちがこの地に別荘を持ちたがるのもうなずけます。
ブランドショップからビーチならではのチャーミングなお店まで、ここのショッピングストリートでウィンドーショッピングするの大好き!
d0090824_13453035.jpg

d0090824_13455527.jpg日本はどこに住んでいても食べるものは変わらないけど、フィレンツェのような内陸部だと肉やきのこ、野菜が中心で魚を食べる機会がまず無い。

美味しいシーフードのフライや魚介のパスタが食べたい、っていうとたいていここまできたもの。
時々魚が食べたくなると、日本人だな~って実感しました。



あー、なつかしい!
日本ではあまり知られてないから、まさかこんなところで見つけるなんてびっくり。
うれしくってイタリア人の友人に即メールしました♪ふふふ、日本て何でもあるのよ~。
買っちゃおうかな?どうしようかな?
[PR]
by laperla616 | 2011-03-17 14:20 | Italia | Comments(0)

イタリア展@新宿伊勢丹

久しぶりのいいお天気!
日中はじりじりと強い日差しでまるで夏に戻ったよう。

今日は友達と伊勢丹のイタリア展へ。
家から1時間で行けるイタリアです♪
伊勢丹のイタリア展はダントツの品揃えで食材はもちろん、食器も伊勢丹ならではの珍しい物が見つかるから、この時期の伊勢丹はほんと胸が躍ります。

最終日の割には思ったよりも混んでいなくてちょっとほっとしました。この陽気でお出かけしてるのかな。
一昨年はチーズと生ハムの王様クルテッロ、バッファローのモッツアレラチーズ等々を買って、新宿御苑でピクニックをしたっけ。
あの日も気持ちのいいお天気だったなあー。

今日のお目当てはSolo Soleの「ピスタチオペースト」でした。
Solo Sole=太陽のみって名前も、太陽の恵みがぎゅーっとつまってる感じで美味しそう!

ピスタチオペーストはチーズやバジルが入って料理に使いやすくなってる分、濃厚なピスタチオをイメージしてたから少し物足りない気がして今回は保留、なんといっても私たちを虜にしたのは「裏ごしトマト、コストルート」。ほんとトマトを裏ごししただけで何も加えてません。
トマトのうまみがギュギュギューッと詰まってます!
太陽をいっぱい浴びたイタリアのトマトはホントに味が濃くておいしい。パスタソースはもちろん、魚のソースにしたい感じ。

塩漬けペッパーやドライトマトも美味しそうだったなあ。
2つを混ぜたおにぎりが美味しそうで、これを持ってピクニックに行きたくなってくる♪
こちらのサイトに掲載されているレシピもカンタンで美味しそうなので、早速試してみたい。

ピスタチオペーストについてオーナーの方と話していたら、オーナー夫妻もピスタチオ好きだそう!シチリアのブロンテ村(ピスタチオが世界一おいしいそう)のピスタチオソース(非売品)があるそうなので、ぜひぜひ試食に行きたいな。

こちらのお店のHP
http://www.piatti.jp/index.htm

他には白金台にある食材屋さんの「レモンのピチ」も。
偶然にも昨日ピチの作り方を調べていたので、見つけると同時に衝動買いしました。
例えると讃岐うどんのようなパスタで、日本人だったらきっと好きなはず。
パスタマシーンいらずで作れるそうなので、近いうちにチャレンジするつもりです。
彼はレモンやフルーツを料理に使うと聞いただけで箸を折る(ウソ!)位だから反応はどうかな・・・。レモン好きとしてはとっても楽しみ♪
d0090824_2033493.jpg

フィレンツェの名物B級グルメ「ランプルドット」(もつ煮込みのハンバーガー)をつまみつつ、ふと気がつくと2時間近くもパトロールしてました
。楽しくて美味しいイベントってあっという間に時間が過ぎちゃう。

最後は友達のお目当てのワインを探しにワインコーナーへ。
いつもならいける口の友達も、加圧トレーニング後で酔いが回るのが早いらしくて2人ともいい気分♪
色々なワインを試飲して、ボタニカルアート風のラベルで飲みやすい赤ワインに決定♪
あのラベルはほんとステキだったな。私も飾っておくために欲しかったほど。
それにしてもワインコーナーはひときわ混んでました!車で来てるらしき人のカゴには6、7本も入ってました。色々な州の珍しいワインを一同に試飲できるとあって、楽しみにしている人がたくさんいるんでしょうね。

最後は5Fの食器売り場の「ラ プティット エピスリー」へ。イタリア展の期間限定販売です。
こちらはレシピも美味しいし食材も逸品ぞろいのすてきな食材屋さんです。
今日はHPで見つけたオリジナルのカトラリーセットを見たくって。
プラスチック素材にエレガントなデザインが施された、他ではなかなか見かけないデザインです。
こちらのデザイナーの洗練されたセンスは大好きだなあ。
軽くて持ち運びやすいからピクニックにはもちろん、人を招いたときに出しても喜ばれそう♪
乳白色とクリアなグレーの2色があって両方欲しいー。
どうしよう?両方買おうかな。
すてきなカトラリーセットの映像はこちら
http://www.setrading.com/product/index.html

あー、美味しくて楽しい一日♪
秋は美味しいイベントが目白押しで楽しみです。
[PR]
by laperla616 | 2010-10-11 22:10 | Italia | Comments(0)

イタリアづいてる?

先週辺りから11月号の雑誌が発売中。
書店を通り過ぎるときチラッと目をやると、イタリア、イタリア、の文字が躍ってる。
ふーん、秋はイタリア特集なんだ、知らなかった。
そう言えばこれから百貨店でイタリア展が始まる時期だからそれに合わせているのかな。

気になったのは「HARPER'S BAZAAR」と「ELLE」。
「ELLE」はフィレンツェの特集もあるみたい、へぇー。あ、この前買った「VOGUE」にもイタリアを舞台にしたページがあったなあ、「GRAZIA」も菅野美穂が南イタリアを訪れる特集があるみたい。すっかりイタリアづいてる。
今日はとりあえず、「イタリアの至宝に酔う」のタイトルに誘惑されて「HARPER'S BAZAAR」を購入。
んー、画像が小さくできなかった・・・。
d0090824_2014035.jpg

「ハーパス・バザー」の写真は美しいからページを切り抜いて写真立てや額に入れたり、コラージュしてもきれい。
そう言えば、高校生の頃、同級生の女の子にハーパス・バザーの切り抜いたページに手紙を貼ったものをよくもらいました。
多分輸入版だったかな?今思えばとってもしゃれてたな-。

イタリアづいているみたいなので美味しいイタリアンについて。
フィレンツェのレストランと言えば、フィレンツェから1時間ちょっと行ったところのプチホテルに併設されたRISTORANTE DEGLI ARTISTI」(2006/10/20)と、フィレンツェ風ステーキの「プロセウス」(2007/08/04)はMYベストレストラン。
ここの生肉をむさぼるような、超野生児に戻った感じがたまらなくて、美味しいもの好きな友人も今までで忘れられない味の一つと言ってるくらいの名店。
「肉はよく焼いて!」といつもうるさい彼にここのステーキを食べさせて、レアの美味しさをおしえてあげたいといつも思うほど、レア肉LOVEです。
あー、思い出すだけでよだれが出ちゃう・・・。

もう一つ、「GARGA」って創作イタリアンの美味しいレストランも忘れてはいけません!
そうこれが言いたかった。
ここはフィレンツェの中心からちょっと路地を入った通りで、中心街からはそう遠くないお店(路地が迷路みたいで住んでいた頃はたどり着けないこともしばしばだったけど)。
フィレンツェに留学する前の下見旅行で訪れたレストランで、美味しくてフィレンツェにしては珍しく?店内のお客さんもどこか洗練された感じのお店。
なんと、その「GARGA」がリニューアルした銀座三越に入ったと聞いてびっくり!
今はリニューアルしたばかりで混んでいるそうなので、落ち着いた頃にでも行ってみようかな。
日本人てすごい!とつくづく感じました。イタリアに行かなくても事足りちゃうんじゃないかって気になるくらい、洋服も食べ物もあちこちにイタリアが溢れてる。
いやいや、そういう訳にはいかない。行かなくちゃ!この目で、この耳で、この舌で体感しなくちゃ、イタリアの良さはわからないもの。
[PR]
by laperla616 | 2010-09-29 20:18 | Italia | Comments(0)

4年前のワールドカップ in イタリア

ワールドカップ、盛り上がってきましたね-。
ただいまオランダ戦を応援中♪
ワールドカップで思い出すのは、何と言っても前回のドイツ大会。

4年前と言えば、フィレンツェの工房で修行していた頃。
イタリアですもの、もちろん盛り上がってました。
あちこちの広場に巨大スクリーンが設置されて、ルームメイトやイタリア人、ブラジル人、韓国人の友達と、アルノ側上流にある広場に行っては時々観戦しました。
巨大スクリーンはsony製なのに(関係ない?)、基本的に日本戦の放送はナシ。唯一ブラジル戦だけは、ブラジル×日本の勝ったチームとイタリアが対戦するから放送して、知らないイタリア人にまで「日本を応援するよ!」って声をかけられたっけ。
もちろんブラジルが勝つと、今度はブラジル人が近寄ってきて「負けてくれてありがとう!」と満面の笑顔で握手されたり。好きで負けた訳じゃないと思うのよね・・・。

途中、慢性盲腸で3日間入院することになってワールドカップどころじゃなくなった頃、無理矢理退院してパリへ強行出発。
日本ですでにチケットを取ってあって、何が何でも行きたかったから「仕事でどうしても行かなくちゃいけないから、その日の朝までに退院させて!」とウソをついて出してもらったっけ。
7月のパリは気候が最高で、イエナの朝市に行ったり、美術館や手芸屋さん、本屋さん巡りしたり、友人の家でディナーをご馳走してもらったりと3日間満喫♪

フィレンツェに戻る日の朝、友達から決勝がフランス×イタリアになったから空港まで送ってあげられないと電話が入って、初めて状況が分かった。
決勝戦はフランスとイタリアだったんだー。
空港行きのバスの中から眺めると、確かにユニフォームを着たフランス人を見かけたものの、まだまだまばらで、決勝戦の盛り上がりがイマイチわかんなかったけど・・・。

ワールドカップのすごさを実感したのは、飛行機が離陸してから。
着陸30分前くらいに決勝戦が始まり、テレビ?ラジオ?を持ってる乗客が実況中継しながら機内は大騒ぎ!
普段なら遅れることもあるエールフランスの飛行機が30分も早く着くなんて、機長達もよっぽど観たかったに違いありません!
急いで空港の外に出てみると、タクシーもほとんど止まってないし・・・。
20分以上待って、待っていた人達でまとまって乗り込んで市内に向かう途中、道を走ってる車がほとんど無くって、すれ違ったのは2台だけ。
いつもなら家まで20分くらいかかるところ、その日は8分!ドライバーも観たくて必死だったはずです。それでも働いてるだけ偉いかな。
この日のイタリア、少なくともフィレンツェは街の機能が完全停止状態。

後半戦直前に広場に着いて友人を探したものの、歩くことも困難なくらいの人混みで結局合流できなかった。
確か接戦で最後の最後でイタリアが決勝点を入れて、イタリアが優勝しちゃった!
優勝が決まった瞬間、動画を回しました。狂喜乱舞ってこのことを言うのね、ってくらい踊り叫んで狂ってる。この熱狂的な空間に自分がいることが何だか信じられない気がしました。
その夜は家の前のピッティ広場では朝まで爆竹が鳴り止まず、隣のバーでは音楽と叫び声がいつもの3倍はありました。
今日はしょうがないな、なんて思いながら朝まで寝られなかった。それもいい思い出だったなあなんて、懐かしく思い出しました。
d0090824_2201219.jpg

私としては大好きなフランスのジダンが引退するから花を持たせてあげたかったけど、そんなこと、イタリアで言ってたら大変だったかも。
[PR]
by laperla616 | 2010-06-19 22:05 | Italia | Comments(0)

南イタリアと長谷川理恵

土曜の朝に放送している「旅サラダ」、いや-、5月の海外マンスリーはとっても良かった!

ナポリのピザ、アマルフィのレモンチェッロやシーフード、太陽を一心に浴びた味も色も濃い野菜、どこまでも碧い海と南イタリアの溢れる魅力が存分に堪能できたし、ナビゲーターに長谷川理恵って選択が何より素晴らしい!
南イタリアの美味しい野菜を求める旅というのが彼女にピッタリだし、そして彼女がその土地、その土地に合った装いをしていて、南イタリアの街並みにとってもなじんでキレイでしたねえ♪
イタリアやフランスに行って、キレイにしないなんてもったいない!きちんとした場所にキレイにして行けば、間違いなく扱いが違うから。
どうせ行くなら気分良く楽しみたいし、特にイタリアでは男性の親切度がぐーんとアップします。これホント。
南イタリアはレモンや柑橘系の産地でもあるけど、ヨーロッパでも有数のリゾート地。
そこのホテルにて一度泊まったことがあるなんてさらっと言ったのは、彼女くらいじゃないかしら。さすが、長谷川理恵♪
もう、毎週夢中になって見入ってました!

去年の夏にミラノ、パリ、南イタリアに行ったこと、あんまり詳しく書かなかったのは、その後に起こったことを思い出すとブルーになるから。
日本に帰ってきて一眼レフカメラを盗まれて、締切時に休暇を取ったからって会社の人が1週間口をきいてくれなくって・・・。あー、いやな思い出。
それでもアマルフィのホテルから眺める海はどこまでも透明で、ブルーのグラデーションをあんなに見たのは初めて!シンプルな味付けのシーフードや野菜が、どうしてこんなに味が濃いの?って不思議なくらい。
忘れられないステキな思い出♪

日本、特に東京にいると、1年先、3年先、5年先を考えて忙しく生きなくちゃいけないけど、あそこでは今を楽しく生きることがとっても大切。
決して便のいい場所じゃないから、その土地のものを大切に食べて、昔からの伝統を守り、家族を愛して、土地を愛して。だから、どこにいってもとっても居心地がいいところ。

すごく気持ちが豊かになれる旅番組で、土曜の朝が楽しみな5月でした♪
[PR]
by laperla616 | 2010-06-05 20:56 | Italia | Comments(0)


日々シアワセだと思うものについて
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
> desire_sa..
by laperla616 at 18:46
こんにちは、 私もア..
by desire_san at 15:42
Kさんありがとうございま..
by laperla616 at 07:09
すごいこんな素敵なお洋服..
by K at 20:48
> Kさん ありがとう..
by laperla616 at 15:05
お誕生日おめでとうござい..
by K at 00:54
こちらこそよろしくお願い..
by laperla616 at 08:32
早速の返信ありがとうござ..
by あわたさちこ at 22:32
あわた さちこ 様 はじ..
by laperla616 at 13:51
Kさんありがとうございま..
by laperla616 at 07:10
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧