FELICE



カテゴリ:おでかけ( 59 )


世界一美しい本@GINZA SIX

何年か前に観た映画「世界一美しい本を作る男 シュタイデルとの旅」。
ドイツのシュタイデル社が作る本は、一度でいいから手にしてみたいと思っていました。
それが日本でいとも簡単に叶ったことに興奮気味。
実はGINZA SIXに入る前にオープンバスで走るミランダ・カーを見かけましたが、それよりも興奮したかも。
いやしたな。
d0090824_16420179.jpg

それにしても代官山TSUTAYAのセレクトには感動したけど、ここはもっとすごい!ちょっと一定の高みを超えてしまっているような、ハイレベル過ぎるセレクト。
真ん中に展示スペースがあって、大きなテーブルがいくつかあるだけ。
インテリアも空間の使い方もあっぱれです。
d0090824_08473016.jpg

ああ、興奮し過ぎてブティックや、評判のいいデパ地下を覗くのを忘れちゃった。
せめて彌生ちゃんだけパチリ。
d0090824_18330625.jpg


[PR]
by laperla616 | 2017-07-11 15:27 | おでかけ | Comments(0)

喧騒からエスケープ その2@鎌倉

杉本寺、報国寺を堪能した後はちょっとひと休みしたくて、「ブンブン紅茶店」を目指しました。
こちらのケーキは甘党のだんなさん好み、そして美味しい紅茶が飲めるとあって楽しみにしていましたが、あれあれ?お休み。前日に調べたのにな。
仕切り直しで近くのスタバでのどを潤した後は、ランチを食べに鎌倉山に向かいました。

鎌倉山は桜の季節になると彼の元上司のお宅にお邪魔していましたが、お店に入るのは初めて。
鎌倉山らしいお店ということで「らい亭」にしました。
趣のある店構えに期待を膨らませると、お店までの道のりは緑豊かであじさいがどこまでも咲いています。
目の前にはどこまでも続く美しい庭の緑、鳥の鳴き声しか聞こえない空間が鎌倉から車で15分ほど離れるだけで手に入るなんて驚きです。
d0090824_07225655.jpg

蕎麦会席のお店ですが、1階では気軽にお蕎麦を食べられます。
窓という窓を開け放ち、店内にいながら外の自然と一体化する不思議な感覚です。
d0090824_06582914.jpg

d0090824_06583007.jpg

d0090824_06583172.jpg

美味しいお蕎麦を食べた後はお庭を散策しました。
お食事処と甘味処が分かれていて、敷地内には六角堂まで!どこまでが敷地なのか見当がつかないほどの緑深い庭園に癒されました。

バスの本数が少な目なので本数が多いバス亭までお散歩がてら歩く途中に、とっても素敵なところを発見しました。「ル・ミリュウ 鎌倉山」です。
画像はお借りしましたが、鎌倉山を一望できる眺望と美味しいケーキが楽しめるとっておきのカフェです。
お腹いっぱいだったので寄りませんでしたが、無理してでも寄れば良かった!せめてテイクアウトでスイーツかパンを買うとか・・・、残念。
週末は混みそうですが、平日はテラス席のソファでのんびりできそう。近いうちに行きたいな。
今回は静かで緑豊かな、とっておきの鎌倉を堪能できた鎌倉散策になりました。
d0090824_07225765.jpg

d0090824_07225732.jpg

d0090824_07225775.jpg





[PR]
by laperla616 | 2017-07-07 22:32 | おでかけ | Comments(0)

喧騒からエスケープ@鎌倉

だんなさんに、アメリカ赴任前にどこか行きたいところはない?って聞いたところ、鎌倉へ行きたいとリクエスト。
彼のリクエストを叶えるべく、いざ、鎌倉へ(笑)。

今回は観光客で賑わう観光地は避けて、とっておきの鎌倉をご案内。
彼のリクエストは「杉本寺」。
鎌倉最古のお寺です。
私は初めて訪れましたが、静謐な美しさに一瞬にして惹かれました。
ひっそりとしたお寺だからでしょうか、静かに三体の十一面観音様を観ることもできました。
d0090824_21574016.jpg

d0090824_21574160.jpg

d0090824_21574270.jpg

そして、驚いたのがおみくじと御守りのかわいらしさ。
だるまのお尻からおみくじを引っ張りだすと言う、シュールな「だるまみくじ」は凶が無い、happyなおみくじ。おまけに「大吉」が出てムフフでした。
そしてお子向けのお守りがなんとランドセル!かわいい、かわい過ぎます。
金曜日に会う友人の長男くんに黒のランドセルお守りを買いました。
d0090824_21574239.jpg

d0090824_21574345.jpg

次は「杉本寺」から歩いてすぐの「報国寺」へ。
鎌倉のお寺というより、どこか京都のお寺のような華やかな印象で、こちらの竹林の庭は素晴らしいの一言。
あじさいや竹林、苔のひっそりとした美しさに心が洗われます。
この続きは次回へ。
d0090824_21574480.jpg

d0090824_21574491.jpg

d0090824_21574598.jpg

d0090824_21574581.jpg


[PR]
by laperla616 | 2017-07-05 20:58 | おでかけ | Comments(0)

ポン・ヌフ巡り

ポン・ヌフと言えば「ポン・ヌフの恋人」という映画もあるくらい、セーヌ川の左岸と右岸に掛かる橋の中でも有名な橋の1つ。
d0090824_13352674.jpg

今日は残念ながらパリじゃなく、新橋のポン・ヌフ巡り(笑)。
フランス語でポン=橋、ヌフ=新しい、なので「新橋=ポンヌフ」は正しい。そして立ち食いそば屋さんや、洋食屋さんにポンヌフ(立ち食いそば屋さんはポンヌッフ)と付けるネーミングセンスには脱帽です(笑)。
d0090824_13352737.jpg

だんなさんが仕事で都内に来ているので、お花の納品前に待ち合わせてランチ。
待ち合わせ場所が新橋と来たら、やっぱり「カフェテラス ポンヌフ」に行くしかない!
お昼どきということもあってけっこうな行列です。
d0090824_13352759.jpg

フランス名の「ポンヌフ」でパスタを食べるって微妙だけど、ナポリタンはもはや日本食ですね。
あたりを見渡してもお客さんのお皿には大量のナポリタン(笑)。
それにしてもナポリタンてなんて美味しいんでしょ。完全に私のソウルフードだわ。
d0090824_13352817.jpg


[PR]
by laperla616 | 2017-06-07 13:16 | おでかけ | Comments(0)

バースデーミステリーツアー@長瀞

先週は国際文化会館内のレストラン「SAKURA」で、一足早いお花見ランチでだんなさんのお誕生日をお祝い。

バースデー当日は私の運転&行き先を告げない「ミステリーツアー」・・・の予定でしたが、高速に怖気付いて結局運転してもらい、おまけにナビが早々に行き先を言っちゃってミステリーツアーでもなんでもない、ただの長瀞までのドライブ。トホホ・・・。

桜の開花が遅かった今年はしだれ桜とソメイヨシノの開花の時期が重なったようで、とにかく見事でした。
あちこちに桜並木があったり、見事なしだれ桜があちこちにあったりと、思った以上にお花見を満喫できました。
d0090824_06561684.jpg

心配していた天気も長瀞に着く頃には晴れて、お花見ポタリングも満喫。長々と続く桜並木を自転車で走るってサイコーです。お尻を向けてしまってごめんなさい。
d0090824_07471656.jpg

「岩畳」はアイスランドを彷彿させる風景に興奮ぎみ。
何層も重なった大きな岩と澄んだ水、空気が一段と美味しく感じられます。
ところどころに山桜が咲いていて、こんな風景の中でのびのびと育った桜は淀んでない、澄んだ美しさにハッとさせられます。それにしてもえらく自然界になじむカラーコーディネートだこと(笑)。
d0090824_13121695.jpg

d0090824_17271578.jpg

美味しい蕎麦を「二八そば ひらい」で、まだ早いとあきらめていた「阿左美冷蔵」のかき氷を駅前のお茶屋さんで食べられて大満足。
d0090824_08411988.jpg

義理の母にもかわいらしい桜のお土産ができて、ミステリーツアーとはいかなかったけど喜んでもらえたようです。
d0090824_08412087.jpg

[PR]
by laperla616 | 2017-04-07 21:46 | おでかけ | Comments(0)

オトナだってスヌーピー@スヌーピーミュージアム

密かにずっと行きたかった「スヌーピーミュージアム」。
整体通いで六本木に行くようになって、ようやく叶いました。
d0090824_18500175.jpg

スヌーピーの”大好き”を集めた名言集「LOVE is」を知って以来、すっかりスヌーピー好きになりました。
好きな本を3冊あげるとしたら入るかもしれないほど好き。
d0090824_18500291.jpg

小さい頃を振り返っても身近にあったキャラクターって無くて、唯一のキャラクターは私専用のたんすに描かれた「バンビ」くらい。だからかな、今ごろスヌーピーが愛しく感じます。
d0090824_18500333.jpg

d0090824_18500347.jpg

d0090824_18500499.jpg

ちょっと賢くて、だけど間抜けな愛すべきキャラクター。クスッと笑えるものばかりでほっこりします。
いつか「LOVE is」の特集もして欲しいな〜。
d0090824_18500474.jpg


[PR]
by laperla616 | 2017-04-05 17:38 | おでかけ | Comments(0)

伊勢丹三昧

久々に行った伊勢丹はやっぱりすごかった。

インターネットで売切れていた日本の「結び」をモチーフにした有田焼の銘々皿も全種類揃っていたし、松濤の「器まるかく」のアンティーク皿から「永田 哲也氏」の和紙のオブジェまで、伊勢丹の5階はお正月にふさわしい、華やかな品揃えでたまりません。
「永田 哲也氏」のオブジェは毎年欲しいと思いつつ、毎年値上がりするため未だに手が出せない。でもいつか欲しいものの一つ。
d0090824_14291978.jpg

何年も前に見たドキュメンタリー番組で、伊勢丹のバイヤーの男性が良いものがあれば地の果てまで行く、と言っていたけれどまさにその通り。
伊勢丹に行くと日本のブランドの素晴らしさ、まだ見ぬブランドとの出合いがたくさんでうれしくなります。

クリスマスやお正月前は特に品揃えが豊富になって、買い物って楽しい!ってことをあらためて思い出させてくれます。
いつもはのぞかないブランドも一部のラインナップを切り取って紹介されていると、気軽に見られて新しい発見がいろいろあったり。そんなところが上手いなあ。
そう、デパートってワクワクするところであってほしい。その期待を裏切らない伊勢丹はやっぱりすごい。
d0090824_14292024.jpg



[PR]
by laperla616 | 2016-12-30 07:41 | おでかけ | Comments(0)

今年の浴衣

今年は浴衣をたくさん着よう。
梅雨に入ったニュースを聞いた頃、なぜかそう思いました。
髪を短くして3年間は浴衣に袖を通すこともなかったのが、結べる長さまで伸びたせいかも。

先日のお茶会での浴衣に続いて、先週末の「横浜スパークリングトワイライト」で着たのはえんじ色の浴衣。
何年か前、「銀座もとじ」でバティック柄の赤の浴衣に一目惚れ。にも関わらず、たいてい綿紅梅か、「竺仙」の古典柄を選んでしまうせいか、その時は赤が派手過ぎる気がして諦めました。
去年、通りがかりの呉服屋さんでふと目にとまったのが、夏椿のえんじ色の浴衣。
信じられないほどリーズナブルだったせいか、珍しく衝動買いしました。
d0090824_01442836.jpg

あれから何年も経った今だからこそ、こんな赤が着られるのかもしれません。
夏の午後のおでかけ。
爆笑している写真はなんだかおばあちゃんみたい。
主人は断然上の写真がいいと言いますが、私はこっちも嫌いじゃない。
d0090824_01442895.jpg




[PR]
by laperla616 | 2016-07-23 05:45 | おでかけ | Comments(0)

mitate asobiの茶道勉強会「涼の茶会」@tray

代官山のギャラリー「無垢里」のHPをチェックしていて、一瞬にして心奪われた「彗星菓子手製所」さんの和菓子。
すっとした佇まい、凛とした透明感、雨にまつわる言葉を書にし、そこからインスピレーションを受けて生み出されるお菓子。まさに作品です。
d0090824_22103185.jpg

「彗星菓子手製所」さんのお菓子を一目見たくて、参宮橋のギャラリー「tray」の「涼の茶会」にお邪魔しました。
こちらのお茶会のドレスコードは会の名前にちなんだ「涼」。
浴衣もしくは「涼」を感じるものを身につけるという、なんとも素敵なドレスコード!
もちろん私は浴衣、それもちょっとよそ行き風の「綿紅梅」にしました。
d0090824_23591913.jpg

裏千家と表千家の先生が交代でお茶を点てながら、流派の違いだったり、点て方の違いを比較しながら知ることができる貴重なお茶会でした。
夏の暑い日ならではの茶事はオリジナリティがあって、とびきりチャーミング!テーブルコーディネートにも取り入れたくなりました。
冷たいお薄を美味しく入れる秘訣は、予め抹茶をふるいにかけておくこと。きめが細かくなってダマにならずに点てられるそうです。

裏千家ならではの夏のおもてなし「葉蓋」。
今回は料理用の大きな器に蓮の葉を蓋代わりに。
「葉蓋」を用いるのは夏の間でも一ヶ月くらい、しかも暑い日に限られているそう。初めて見ましたがとっても
素敵なおもてなしです。
「tray」のオーナーがこの「葉蓋」向きの葉をイラストで書いていただいたのがこちら。
d0090824_23592043.jpg

d0090824_23592057.jpg

表千家はシンプルながら美しいガラスの器を使っていました。
こうして見るとお茶だけでなく、花や器にも詳しくないと素敵なおもてなしができない。
お茶の世界って奥が深いですね。
d0090824_23592096.jpg

今日のお目当「彗星菓子手製所」さんのお菓子「夕刻の氷室 / 錦玉羹 桃淡雪羹」を楽しみ、器を作られた作家さんに器について伺ったり、アンティーク着物のショップオーナーに浴衣のコーディネートを色々と教えてもらったりと、想像以上に充実したお茶会に大満足です。
d0090824_00061695.jpg

d0090824_23592015.jpg

d0090824_23592181.jpg

今回参加した方の中にかわいらしい藍色の浴衣を着た方が。
それぞれの「涼」を話す際に、彼女が着てきた浴衣はお祖母様のものだそう。東京オリンピックの時に小石川の地元の皆さんで作ったそうで、確かに花が輪になったデザインがオリンピックらしい。
なんて素敵なデザイン、なんて素敵なエピソード!
あまりに素敵だったので写真を撮らせてもらいました。
次回のオリンピックではボランティアをしたいと思っていたけど、こんな浴衣を作って参加するのもいいかも。
d0090824_23592145.jpg

今回は当日の納品で腰を痛めてしまって、一度はキャンセルするつもりでした。それでも無理して参加してほんとうに良かった!

次は秋のお茶会。
また秋ならではの繊細なお菓子が楽しみになりました。
[PR]
by laperla616 | 2016-07-04 22:04 | おでかけ | Comments(0)

鎌倉ポタリング

雨の週末になる予定だったのが、うそみたいないいお天気に。
晴れたら自転車でポタリングしよう!

あじさいでにぎわうお寺、人気スポットは自転車を持って入るのは大変なので、ひたすら自転車でぶらぶら。
車よりストップモーションの街並みを楽しめて、歩くよりも風を感じられる、こんな季節こそ改めて自転車の魅力を実感します。
鎌倉市農協連即売所のあとに行った由比ヶ浜ではもうすぐOpenするビーチハウス建設の真っ最中。
トップシーズンの由比ヶ浜なんて久しく行かなかったら、さすが鎌倉です、オシャレすぎてびっくりしました。いいなあ、今の若者(笑)。

早く着いたら必ずのぞくのが「鎌倉市農協連即売所」。
旬の野菜や珍しいものが手に入ります。
今回は自転車で回るので葉物やトマトは諦めて、色々ズッキーニと紫たまねぎを買いました。
d0090824_21433653.jpg

d0090824_21433726.jpg

由比ヶ浜の海岸を走ったあとは「SWANY鎌倉本店」でリバティー生地をチェック。
「鎌倉市農協連即売所」と「SWANY鎌倉本店」は鎌倉に行ったら必ず寄ります。ここに行くために鎌倉へ、なんて時もあるほど愛してやまないところ。

ランチは「去来庵」でビーフシチューを。
Open前に着いたのに、すでにかなりの人が並んでます。
1時間ほど待っているとお腹の空き具合もいあんばいに。
d0090824_23211168.jpg

d0090824_23211121.jpg

d0090824_23211224.jpg

去来庵の長い待ち時間も、庭のあじさいをゆっくり楽しめる時間に切り替えて楽しんではいかが?
d0090824_23211276.jpg





[PR]
by laperla616 | 2016-06-11 20:34 | おでかけ | Comments(0)


日々シアワセだと思うものについて
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
> desire_sa..
by laperla616 at 18:46
こんにちは、 私もア..
by desire_san at 15:42
Kさんありがとうございま..
by laperla616 at 07:09
すごいこんな素敵なお洋服..
by K at 20:48
> Kさん ありがとう..
by laperla616 at 15:05
お誕生日おめでとうござい..
by K at 00:54
こちらこそよろしくお願い..
by laperla616 at 08:32
早速の返信ありがとうござ..
by あわたさちこ at 22:32
あわた さちこ 様 はじ..
by laperla616 at 13:51
Kさんありがとうございま..
by laperla616 at 07:10
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧