FELICE



<   2016年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧


「男と女」@恵比寿ガーデンシネマ

50年の時を経て鮮明な画像が蘇った「男と女」。
デジタルリマスター版ってほんとすごい!まるでつい最近撮られたような錯覚に陥ります。
d0090824_22222628.jpg

もう、とにかくアヌーク・エメが美しくて、美しくて、美しくて。この一言につきます。
d0090824_22222707.jpg

美しいアヌーク・エメと美しい映像。
これを恵比寿ガーデンシネマで観ることができて良かった。パウダールームに至るまで映画好きにはたまらない映画館は、映画の余韻に浸れます。
d0090824_22223790.jpg

予告編で観た同じくデジタルリマスター版の「SMOKE」も観たいし、「ニコラス・ウィントンと669人の子どもたち」も観なくてはいけない。
でもこの辺りは近所の「ジャック&ベティ」でもその内上映予定。もしかしたら「ジャック・・・」の方が雰囲気に浸れるかも。

だとしたらこれかなあ。
d0090824_22223855.jpg


[PR]
by laperla616 | 2016-10-31 20:25 | 映画・舞台 | Comments(0)

ecostoreの洗剤

ずっと悩ましかった洗濯まわりの問題を解消してくれた「ecostore」。
d0090824_09502582.jpg

我が家の洗濯機は洗面台下にはめ込み式のため、洗剤が外に出ていると目立ってしまいます。
引き出しに収納していますが、腰が悪いのでかがんで取りだすのはつらい時も。

出しっ放しにしていても目立たないものを探していたところ、アトレ恵比寿の西館で「ecostore」を見つけました。
洗濯や洗面コーナーは自然にある色でまとめたい。
そんなこだわりにもぴったりで、しかも体に優しい
といいことづくめ。

恵比寿から持って帰るのはちょっと重い、なんて躊躇していたところ、みなとみらいの「マークイズ」でも買えるように。自転車で買いに行けるからうれしい!
我が家の洗面まわりにも馴染んだようです。
d0090824_09431330.jpg


[PR]
by laperla616 | 2016-10-29 09:21 | 今日のお買い物 | Comments(0)

「ラ・テンダ・ロッサ」@関内

昨日は馬車道で開催の「Le Bon Bon」さんの販売会へ。
シルバーの三段トレイやガラスの器、シノワズリーなクッションや小物に加え、この時期ならではのクリスマスのオーナメントまで、「Le Bon Bon」さんが世界中でセレクトしたものが並ぶとあって楽しみにしていました。
ですが・・・、同じく楽しみにしていたであろうマダムたちの争奪戦に入り込めなくて、目の前から次々と無くなっていきました・・・。悲しい。
d0090824_08004486.jpg

気を取り直して、同じく関内の「ラ・テンダ・ロッサ」で友人のバースデーランチを。
水曜日のランチだというのに広い店内はほぼ満席、しかもカップルばかり。噂に聞いていた通りの人気店でした。
d0090824_08004523.jpg

私たちがこよなく愛している「ズッキーニの花」を探してもらっていました。
初夏が旬のものですが、イタリアではギリギリ手に入るか入らないかぐらいの時期なので、もしかしたら!、と淡い期待を抱いていましたが、またまた残念!来年は旬の時期に必ずリベンジしよう。

目的を失っちゃいましたが、魅力的な旬の食材に惹かれて「ムール貝のパスタ」と「フレッシュポルチーニのパスタ」と二人ともパスタにしました。
ムール貝は小ぶりながらクリーミーで美味しい!
前日にたべた、カジュアルなバールのムール貝とは大違いです(笑)。
d0090824_08021491.jpg

ポルチーニもフレッシュならでは歯応えが素晴らしくて、これを食べたらポルチーニの美味しさが伝わるだろうなという感じ。

当日はバースデープレートをリクエスト済みでしたが、入店後すぐに店内の照明が消え、他の席にバースデーケーキを運びながらスタッフ総動員でバースデーソングを歌う様子に怖じ気づいて急遽キャンセルしてしまいました。
すでにメッセージを書いたお皿を冷やしてあったとのことで、ミルクジェラートとプチチョコレートケーキをサービスで持ってきてくださいました。
この位の控えめだったらやっぱり頼めば良かったかも、と後悔するほど美味しいミルクジェラートに大満足。

しっかりとした味付けはイタリアでたべるそのもので、スタッフの雰囲気といい、横浜でイタリアらしさが楽しめる貴重なお店になりました。



[PR]
by laperla616 | 2016-10-26 20:55 | レストラン・Bar | Comments(0)

念願の寝かせ玄米@「いろは」渋谷ヒカリエ

アロマテラピストの稲垣さんに教えてもらった「寝かせ玄米」。
d0090824_22550400.jpg

小豆を入れて炊いた玄米を三日間保温すると栄養価が飛躍的に上がって、その上もち米のようなもちもちした美味しさも楽しめます。
1度チャレンジしてみたけど、あれが正しい「寝かせ玄米」になっていたのかな。本当の「寝かせ玄米」を何としても食べてみたかった。

浅草橋の「East Side Tokyo」に花材の仕入れに行くたび、蔵前の「結わえる」に足を伸ばそうと思いながら2年くらい経ちます。
その「結わえる」の寝かせ玄米がヒカリエで買えるようになったと聞いて、すっごく、すっごくうれしい。
わずかながらイートインコーナーもあって、渋谷で軽くランチを、という時はもう「いろは」しか行かなくなるかも。
d0090824_22550519.jpg

私の体は私が選んで口にしたものからできてる、そう考えるときちんと選びたい。
そんな今の気分にぴったりな「寝かせ玄米」は、私の元気の素になってくれそうな、頼もしいパートナー。


[PR]
by laperla616 | 2016-10-24 19:51 | ヘルシー&ビューティー | Comments(0)

「ひきしお」@Le Studio銀座メゾンエルメス

10月はフランス映画を!、そんなタイトルがつきそうな今月。
先日銀座メゾンエルメスのプライベートシネマ「Le Studio」で「ひきしお」を観て、月末に恵比寿のガーデンシネマで「男と女」を観る予定です。
意識したわけじゃないけど秋とフランス映画は合うのかも。
d0090824_21140754.jpg

「ひきしお」はカトリーヌ・ドヌーヴ演じる「リザ」とマルチェロ・マストロヤンニ演じる「ジョルジオ」がエーゲ海の孤島で出会い、過ごすストーリー。
この頃すでに恋人同士だった2人が本当に美しい。
何年も前、マルチェロ・マストロヤンニのドキュメンタリー映画を観た後に、イタリア語のプライベートレッスンを受けていたアンドレアね講義を聞きました。
フランス映画に多数出演しているせいか彼がイタリア人俳優だと知らないかもしれませんが、人たらしの垂れ目(笑)、カトリーヌ・ドヌーヴを愛しながらも奥さんを愛し通すところなんか、まさにイタリア人男性という感じだと。
この映画で演じたジョルジオはマストロヤンニそのもの!
d0090824_21140806.jpg

海に囲まれた孤島というのに、カトリーヌ・ドヌーヴはいつも白い服。そしてマストロヤンニはデニムのインディゴブルー。
それが最高にかっこよくて、ベージュのブランケットをポンチョのように着ているマストロヤンニの胸元には同色の星柄が。ああ、あんなのがあったらきっと買う!間違いなく買う!

ストーリーはともかく(笑)、私の大好きな映画「うたかたの日々」といい、60年代後半から70年代のフランス映画は今観ても新鮮でおしゃれ。
d0090824_21140889.jpg

d0090824_21140954.jpg

フランス映画やイタリア映画はやっぱり「Le Studio」や、文化村の「ル・シネマ」で観ると気分が違う。
忙しくてもがんばって上映中に観に行こう、そう誓いました。


[PR]
by laperla616 | 2016-10-23 20:27 | 映画・舞台 | Comments(0)

ロングカーディガン

少し風が冷たい時にさっと羽織れる薄手のカーディガンが欲しくて、急いで作りました。だから裾の始末はかなり適当(笑)。
ほんとは無地が良かったけど、藍染のような生地も珍しいかなと。
d0090824_23074892.jpg

最近は作った洋服を披露する度に、また洋服が増える・・・と溜息をついていたダンナさんも、このカーディガンは素直に褒めてくれました。
透け感がちょうどいい薄さながら、ふわっと暖かいところも優秀。秋と言わず、季節の変わり目にぴったりの1着です。
d0090824_23074907.jpg



[PR]
by laperla616 | 2016-10-16 22:43 | 手作り | Comments(0)

ダリ展@国立新美術館

ピカソより普通にDALIが好き〜、
ゴッホより普通にDALIが好き〜。
永野のセリフ風に言ってみました。
私が一番好きな芸術家はサルバドール・ダリ。これはまさしく父親譲りで、小さい頃からダリの画集を見せられていたせい。
そんなダリ好きに拍車がかかったのは、Parisのモンマルトルにある「ダリ美術館」に行ってから。
小さな小さな美術館ですが、ダリの才能がバクハツしていてあの時の興奮は忘れられません。
d0090824_21033751.jpg

国立新美術館で開催中の「ダリ展」は、最初に開催された京都まで観に行くつもりだったくらい。
待ちに待った「ダリ展」ではダリのイメージからは想像できない、貴重な10代の作品があったり、20世紀の画家ならではのディズニーとのコラボフィルムや、ダリの絵を回想シーンに使ったフランシス・コッポラの映画など、様々な形でダリの才能を堪能できます。
d0090824_21033873.jpg

国立新美術館ならではの最後の撮影スポットはかわいすぎました。
期間中に何回行くかな?
d0090824_21033936.jpg


それにしても、ダリが好きって言うとたいてい「変わった人」って言われるのはナゼ?
d0090824_21034093.jpg


[PR]
by laperla616 | 2016-10-14 16:44 | art | Comments(0)

Cosme Kitchen Adaptation@アトレ恵比寿西館

友人と軽くランチ、という時はもっぱらこちらへ。

中央に大きなオリーブのシンボルツリー、大地の香りがする美味しい野菜がずらりと並んだ光景が好き。
d0090824_22371297.jpg

心地よい空間で美味しいものを食べるって、きっと身体にもいい。
オーガニック野菜を心ゆくまで食べても罪の意識はゼロなんて、もう他で食べる気がおきなくなります。それはちょっと大げさだけど(笑)。
d0090824_22371467.jpg

サラダブッフェのお店だけに時間制限があるのが残念なところ。
3人集まると話が尽きなくて、上のフロアに移動してお茶を飲んでしまいました。
はしごしてしまうあたり、すっかりアトレ西館の思うつぼです(笑)。

[PR]
by laperla616 | 2016-10-13 08:00 | レストラン・Bar | Comments(0)

おじさんチェック

今年の夏いちばん気に入ったカーキとワインレッド、アイボリーのチェックは奇跡の組み合わせ。
ちょっとおじさんぽくもあるので「おじさんチェック」と呼んでいました。
d0090824_23000012.jpg

「おじさんチェック」はそのままシンプルに作ったらほんとにおじさんぽくなっちゃうから、女っぽいちょっとセクシーなデザインにしよう!
最初に作ったのは、袖に大きなフリルをつけてたブラウス。かなり深いVあきに丈が短めでスタイルアップも狙えます。
このブラウス、私が考えていたフリルと、先生のイメージしたフリルが少しばかり違って問題発生。
ああ、こんなことならたくさん買っておけば良かった・・・、と落ち込んでいたら、SWANYでご一緒しているご婦人から分けてもらえた!ヤッタ!

そして無事に袖も作り直して、しかもチュニックまで作れました。
後ろは足りないからカーキの麻を合わせて、サイドのスリットを深くしてみました。来年の夏はワンピースで着てもいいかも!
この不自然なポーズは後ろも見せるため。お許しください(笑)。
d0090824_23070779.jpg

d0090824_23000262.jpg


[PR]
by laperla616 | 2016-10-11 15:59 | 手作り | Comments(0)

Sweet Halloween

ハロウィン文化が無かった私にとってハロウィンはやっばり苦手・・・。

今年で4回目となるとさすがにアイディアが浮かばず、今年は白かぼちゃonlyでオレンジ一色のイメージを一新しました。
白を基調とした空間にはSweetカラーのコンポートスタイルに。
白かぼちゃもフェイクより本物が合うみたい。
d0090824_10391485.jpg


[PR]
by laperla616 | 2016-10-07 10:27 | | Comments(0)


日々シアワセだと思うものについて
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
> desire_sa..
by laperla616 at 18:46
こんにちは、 私もア..
by desire_san at 15:42
Kさんありがとうございま..
by laperla616 at 07:09
すごいこんな素敵なお洋服..
by K at 20:48
> Kさん ありがとう..
by laperla616 at 15:05
お誕生日おめでとうござい..
by K at 00:54
こちらこそよろしくお願い..
by laperla616 at 08:32
早速の返信ありがとうござ..
by あわたさちこ at 22:32
あわた さちこ 様 はじ..
by laperla616 at 13:51
Kさんありがとうございま..
by laperla616 at 07:10
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧