FELICE



ハロウィン

今日はハロウィン。フランス人のアリエルは小さい子が二人いるので、パーティの準備で早く帰っていったけど、盛り上がるのは子供のいる家庭と観光客のアメリカ人くらい。随分前にハロウィンの季節にグアムに行った時は、怖いくらいに盛り上がっていていたけど、こちらでは宗教的な見解が違うからか、大人はとても冷静。写真は友達が作ってくれたハロウィンのオレンジ。
d0090824_180386.jpg

[PR]
# by laperla616 | 2006-10-31 17:57 | Italia | Comments(0)

素敵なお手紙

今日は年上の友人から一通の手紙が届いた。彼はいつも大切なことや素晴らしい話を色々と教えてくれる人生の先生のような人。
近況報告と一緒に、今年のノーベル文学賞をもらったトルコのオルハン・ハムク氏の小説や、ノーベル平和賞を受賞したバングラディシュのムハマド・ユヌス氏の「貧者の銀行」について書かれた新聞の切り抜きが入っていた。
海外でよく思うけど、普通の人や遊んでばかりいる若い子でも実にたくさん本を読んでいることに驚かされる。それも本国だけじゃなくて世界各国の本を読んでいる。そして身の回りのことだけでなく、世界中で起こっている事をよく話し合う。語学力が足りないのはもちろんだけど、そういう会話で自分の意見を話せないのは本当に恥ずかしいし、自分の読書量・知識の乏しさと自分の世界の狭さを反省させられる。
[PR]
# by laperla616 | 2006-10-26 18:02 | Comments(0)

うらやましい話

今日は冬物の洋服をもらいに知人のお宅に伺った。思ったより秋が短くて、この時期の洋服をほとんど持っていないのでありがたい。
午後から仕事があるので少し早めに行って、ランチにお義母さん特製のジェノバソースのパスタをご馳走になりながら色々楽しい話をした。ジェノバソースがバジリコの香りが強くて美味しい!!前回お邪魔したときはお義父さが採り立てのズッキーニの花を見せてもらったけど、花が開いてすっと上にたっている。新鮮だとこんなに美味しい物なのね~、とつくづく感動した。
もともと野菜が新鮮で美味しいイタリアだけど、こんな野菜や自家製のソースを毎日食べられる環境ってこっちの人でもそんなに簡単じゃないからとても贅沢な暮らしをしていることになる。
帰りにフィノッキやズッキーニ、トマトと自家製のトマトソースまでお土産に頂いたので、早速頂いた野菜でラタトゥーユを作り、大好きなフィノッキはバルサミコ酢をかけたり、パスタとグラタン風にしたりとしばらくは野菜づくしを楽しんだ。
[PR]
# by laperla616 | 2006-10-24 18:01 | Comments(0)

大切な本

d0090824_17572577.jpgこちらに持って来た物の中に「エンジェル・ボイス」という本がある。
「希望」「愛情」「贈り物・才能・能力」といった、シンプルで当たり前のメッセージが多いけど、毎朝出かける前に目を閉じてこの本を開く習慣を始めてから、不思議に毎日のようにラッキーな事が起きて穏やかな気持ちで過ごせる。
そのせいか、周りの環境にも大きな変化がいくつもあった。
先が見えなくて模索していた事が嘘のようにぱっと道が開け、猛スピードでたくさんのことを吸収している。いい人や物との出会いもあって、全てがいい方向に向かっている。

偶然のようだけれどきっと偶然じゃない。
[PR]
# by laperla616 | 2006-10-22 17:55 | ダイスキなもの | Comments(0)

「RISTORANTE DEGLI ARTISTI」

d0090824_17541835.jpg
今夜は前から行きたかったレストランに事前に予約をしておいた。ここはチェントロから車で1時間近くかかり、なかなか簡単には来られないところなので、今夜が待ち遠しかった。
お店の上階が小さなホテルになっている、可愛い雰囲気のお店で、サービスの女性もすごく感じがいい(チェントロのレストランではまず出会えないタイプ)。家のキッチンに毛が生えたような小さな調理場で、女性シェフ二人が作るお料理は、感動するくらい美味しかった。パスタも旬の食材を、新鮮な状態で楽しめてソースが美味しいし、お肉も焼き加減、塩加減ともに本当にちょうどいい。ナイフもこの近くの街の名産を使っていたり、ワインもブルネッロで有名なモンタルチーノのワインなど、トスカーナの良さを色々なところに取り入れている。そう、ワインセラーもあった。
トスカーナに住み始めて、美味しいと言われるレストランにちょこちょこ行ったけど、雰囲気・味・サービスともに大満足したのはここが始めてかも。とっておきのお店を見つけた気がして、とてもうれしくて大満足の夜だった。
[PR]
# by laperla616 | 2006-10-20 17:53 | レストラン・Bar | Comments(0)

Forte de Marmi

最近気分が滅入っていたので友人と海に行った。車で30分も走った頃から雲行きが怪しくなり、見る見るうちにどしゃぶりに代わった。少し薄手のワンピースにしたのは失敗でかなり寒い。
「Forte de Marmi」に到着して、早速可愛い雑貨のお店をチェック。ここは可愛い雑貨のお店の3件先に「PRADA」や「GUCCI」が並び、日本人の私にとっては不思議な感じがするけど、高級リゾート地ってこんな感じだそう。ミラノ方面から週末に来る人が多いらしく、街を歩いている人も品がよくてお洒落なカップルが多い。ウィンドーショッピングを堪能し、お腹がすいたのでランチを食べに「Europe」に向かった。
トスカーナでは海の近くでないと美味しいシーフードは食べられないというのが常識で、私も普段は全くと言っていいほどシーフードは食べない。今回は「ボンゴレ」と前回食べて美味しかった「えびといかのフリット」を頼んだ。このフリットは本当に美味しい!ボンゴレもあさりのエキスがパスタにからまってこんなボンゴレ食べたことないかも。ここは美味しくて高くないけど、これはとても大切。
どしゃぶりで前方も見えないくらいなのに友達が雨の海は素敵ねと言う。夏の海水浴も、野外オペラを見たときもいつも雨が降ったのは絶対私のせいじゃない!
ま、でもずいぶん気持ちが持ち直してきたので明日から又がんばろう。
[PR]
# by laperla616 | 2006-10-07 17:50 | Italia | Comments(0)

始めてのバス旅行

d0090824_17493721.jpg
今日は前から行きたかった「VOLTERRA」まで、初めてのバス日帰り旅行にチャレンジした。
乗換えしなくちゃいけないのを知らなくて、終点の「SIENA」まで行ってしまい、結局乗換えする「Colle di Val d’Elsa」で3時間も潰す羽目に・・・。バスを降りると、丘の上に街がある可愛らしい街だったので、気を取り直してエレベーターで丘の上の街に上がって散策をした。歩いたらお腹が減ってきたので、ふらっと入ったPIZZERIAで、何故か美味しいムール貝や魚介のパスタを食べながらのんびりバスの時間を待った。
ようやく「VOLTERRA」に着いたころは、最終バスの時間まで1時間半たらずだったので、まず「Le Balze」(崖という意味)に早足で向かう。長年にわたって少しずつ崖が崩れ教会や修道院が飲み込まれていった場所で、今は見放された僧院がポツンとたたずみ飲み込まれるのを待つだけといった、寂しくて自然の怖さを感じるところ。
急ぎ足で街に戻り、お目当てのアラバスター石のお店をのぞく。アラバスター石は大理石がすりガラス状になったような繊細で色のバリエーションが豊富で、あれもこれも買い占めたかったけど、我慢して小さなトレイとお友達のお土産用にワインのコルクを買った。
思いがけず、「VOLTERRA」と「Colle di Val d’Elsa」の両方が楽しめたので、大満足な一日だった。 
[PR]
# by laperla616 | 2006-10-04 17:47 | Italia | Comments(0)


日々シアワセだと思うものについて
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
こちらこそよろしくお願い..
by laperla616 at 08:32
早速の返信ありがとうござ..
by あわたさちこ at 22:32
あわた さちこ 様 はじ..
by laperla616 at 13:51
Kさんありがとうございま..
by laperla616 at 07:10
ロミオとジュリエットのオ..
by K at 19:12
Kさんはじめまして! 気..
by laperla616 at 19:34
はじめまして 以前から..
by K at 15:50
ゆきえ 様 ブログ..
by laperla616 at 22:18
たまたま検索したら、こち..
by ゆきえ at 16:18
skunaさんどうもあり..
by laperla616 at 18:45
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧