FELICE



残った生地も生かしてあげよう

8月中には仕上がっていたブラウス。
思いのほか涼しくなってしまってお蔵入りになるところ、今日は暑くなったのでラストチャンス!
d0090824_22195937.jpg

新しい生地で作りたい洋服を作るのもいいけど、丈が足りないから異素材の生地を組み合わせてとか、裾はパイピングにしてとか、袖はフレンチスリーブにして袖部分の生地を節約、なんて考えながら作ることでデザイン力も鍛えられます。

毎回反省点はあるわけですが、次はもっといいものを作ろうと教訓にしてます。
3着作って初めて作り方を習得できるそうなので、来年の夏までにもう一度チャレンジしたいデザインです。

「SCANDIA」の前で撮ってもらったら、ちょっと看板とマッチしてるかも⁉︎
d0090824_22200092.jpg





[PR]
# by laperla616 | 2017-09-10 21:50 | 手作り | Comments(0)

最後のサマードレス

義理の母のお誕生日祝いは、夏にだんなさんと出かける時に着ようと買ってあったレースのサマードレスを着ました。
d0090824_22365601.jpg

これはいつものハンドメイドでは無くて、ZARAのもの。
今年はレースに始まり、レースに終わった夏でした。
白のレースと言っでも大きいカットだったら可愛らしくなり過ぎずに着られると知ってからは、レースにばかり目がいってしまってました。
もう秋だって分かってるけど、これで最後だからと言い聞かせて。
来年の夏はアメリカか、ヨーロッパで着ることになるかな。そうだと良いな。

[PR]
# by laperla616 | 2017-09-09 22:27 | おでかけ | Comments(0)

バースデイディナー

今日はイギリス館でのワークショップも無事終わって、だんなさんがアメリカから一時帰国もしているので、今夜は義理の母のお誕生日祝いに出かけました。

「クォバディス」にお願いしていた「花ズッキーニのフリット」は先月続いた長雨の影響で花ズッキーニが無くて、代わりにトレビスにモッツァレラを詰めてフリットにしてくれました。
今年は色々なところで花ズッキーニを食べた中、「クォバディス」の花ズッキーニのフリットが1番美味しくて、毎回わがまま言って用意してもらいました。
d0090824_22021922.jpg

このトレビスのフリットも、トレビスの苦味がアクセントになって美味しい!前菜として十分いけます。
d0090824_22021962.jpg

バースデイプレートはキャラメルの飴がけがおみごと!
豪華なバースデイプレートになりました。
d0090824_22022099.jpg


[PR]
# by laperla616 | 2017-09-09 21:50 | レストラン・Bar | Comments(0)

残暑のつもりで作ったのに・・・

9月は残暑がまだまだ厳しいとざっくりしたリネンジャージのワンピースを急いで作りました。
d0090824_22511926.jpg

リネンジャージ特有の触り心地に加え、太ももまで入った両サイドのスリットがこなれた感じかなあと作ってみたものの、ほぼ残暑もなく秋の足音が聞こえてくるよう。トホホ。
d0090824_22553195.jpg

まだまだ他にも残暑用に作ったブラウスが何枚かあるけど、無理に着ようか、諦めて来年着ようか悩むなあ。
それにしても毎月のように誰かを迎えに来たり、見送りに成田空港に来てるけど、ああ、私も飛び立ちたい!



[PR]
# by laperla616 | 2017-09-08 22:41 | Comments(0)

イギリス館でのワークショップについて

山手のイギリス館でのワークショップが近づいてきました。
少しだけ涼しくなって、来ていただく方に暑くて大変な思いをさせずにすみそうで一安心です。

今回はお子様と一緒に参加していただけます。
お作りいただくものはフォトフレーム、フォトキャンドルそれぞれ一つずつになりますが、一緒に作って「敬老の日」のプレゼントにしてはいかがでしょうか。

予約状況ですが、今週末の回は満席になりました!
ありがとうございます。
来週の9月16日(土)13:00〜の回はまだお席がございますので、ぜひご参加をお待ちしています。

「夏の記憶をカタチに」
~フォトスタンド&Photoキャンドル ワークショップ~
d0090824_15192174.jpg

みんなで行った海やキャンプ、初めて勝ったサッカーの試合と、楽しい思い出は人それぞれです。
そんな夏の思い出をフォトスタンド&photoキャンドルに残しませんか。
今回は初めての方でも気軽にお作りいただけますので、お友達や、遠くにいるご家族の方へのプレゼントにもおすすめです。

◇スケジュール ◇
9月 9日(土) 13:00~15:00 (満席)
9月16日(土) 13:00~15:00
 
◇料金◇
5,000円(税込)

◇会場◇
神奈川県横浜市中区山手町115-3 イギリス館 2F

◇持ち物◇ 
① はさみ、カッター
② Photoキャンドルにプリントしたい写真を10㎝×6㎝くらいのサイズにコピーしてお持ち下さい。切り取らずにそのままお持ち下さい。
※写真をお持ちいただくとお作りいただけませんのでご注意下さい。

◇講師◇
カルトナージュ :五十嵐 ちづる・・・2014年、自分の好きな布や紙で彩る「実用的なカルトナージュ」に魅せられる。2016年より自宅にて少人数制レッスンを開催。
d0090824_15192100.jpg

フォトキャンドル:いなば ともこ・・・オランダ人、フランス人講師に師事し、フラワーデコレーターとしてショップ、レストラン等のディスプレイ、不定期でワークショップを開催。
d0090824_11160776.jpg

◇申込方法◇
①お名前②ご住所③お電話番号④希望日⑤フォトスタンドの希望デザイン(A.ストライプ / B.モロッカンタイル 2種のうちどちらかをお選び下さい)をお書き添えのうえ、下記アドレスまでご連絡下さい。

メールアドレス:info@bottegaliberissima.jp 
Bottegaliberissima(ボッテガ・リベリッシマ)
いなば ともこ


[PR]
# by laperla616 | 2017-09-05 10:55 | レッスン | Comments(0)

夏の終わりはミニトマトのかき氷@麻布野菜菓子

確か、去年の8月の最終日も「麻布野菜菓子」でかき氷食べたなあ(笑)。

去年チャレンジする前に夏が終わってしまった、持ち越しの「ミニトマトのかき氷」。
トマトは好きだけどトマトジュースは飲めなくて、なので食べられるかちょっと心配でしたが、ミニトマトとクリームチーズと練乳の絶妙な組み合わせが見事。
ここのかき氷を食べるたび、暑い夏はいやだけどもう少しだけ夏が続いて欲しいなと思ってしまう。
d0090824_22530663.jpg



[PR]
# by laperla616 | 2017-09-01 22:18 | 美味しい♪ | Comments(0)

今もなお輝き続ける花

ダイアナ妃が交通事故に遭ったニュースが飛び込んできたのは、ちょうど20年前の今日。
ウェディングプランナーになって間もない頃、遅い出勤前のニュースで梨元 勝氏が詳細を説明していました。

私も、私の母もダイアナ妃の大ファンだったので、このニュースは衝撃を受けました。
眩しいほど輝いていたダイアナ妃は、この世を去ってなお輝き続ける大輪の花のよう。
d0090824_21243538.jpg

結婚した当初のダイアナ妃は大人しそうな、少女のような印象。
それがある時から洗練されて、意志を持つ瞳に変わったのは色々あった後なのかも。
d0090824_20154922.jpg

イギリスの雑誌「HELLO!」でダイアナ妃をトリビュートした記事を特集していると聞いて、アメリカにいるだんなさんにお願いしました。
d0090824_21243533.jpg

私が1番好きな写真はこれ。
全ての嫉妬や憂いを忘れ去って、母性のみが宿る、マリア様のような表情。
できればいつもこんな表情でいてもらいたかったな。
今までも、そしてこれからも私はダイアナ妃が好き。
d0090824_21243674.jpg



[PR]
# by laperla616 | 2017-08-31 18:37 | 心に残った言葉 | Comments(0)

ジュブナイル〜少年たちの物語〜@ブリリアショートショートシアター

夏の終わりにぴったりなショートフィルムの「ジュブナイル」。
背伸びしたい子供たちは甘酸っぱくて、かわいくて。
ねえ、そんなに背伸びしなくてもすぐに大人になれるのよ。
d0090824_22063293.jpg

d0090824_22063279.jpg

ショートフィルムは難しいと言う人もいるかもしれませんが、ある瞬間を切り取るとたくさんの言葉は必要なく、ダイレクトに伝わってくるんです。
その感覚を楽しむのがショートフィルムの醍醐味。

d0090824_22063362.jpg


[PR]
# by laperla616 | 2017-08-30 21:45 | 映画・舞台 | Comments(0)

少女ファニーと運命の旅@ジャック&ベティ

世の中には真実を知らなければいけないことがあって、その最たるものが「戦争」。
優秀な民族ゆえに自分たちの足元を脅かすとして、罪のない人たちの命を奪った「ユダヤ人迫害」の中で、子供たちだけで山を越え、スイスに逃げた実話をもとにしたのが「少女ファニーと運命の旅」。
d0090824_23374748.jpg

ユダヤ人の子供たちを保護する市民団体、ドイツ軍に密告する神父や幼子の母、危険を承知で自分たちをかくまうイタリア人の農夫、まわりの大人たちに翻弄されながらスイスへと逃げる間にどんどん成長していく子供たち。
その姿のかわいらしさと言ったら!
d0090824_23374789.jpg

小さい子たらが懸命に走って疲れてもサッカーをしながら走りきってしまう、どんな過酷な状況下でも乗り越えていく賢さとくじけない意志の強さはやはりユダヤ人の子供ならではという気がしました。

子供たちをスイスへ連れて行く役割の少年が子供たちを置いて汽車から逃げ出し、拘束されながらファニーに託した手紙は白紙と、最初は少年の意図することが理解できずにいた。ずっと子供たちは裏切られたと思っていたけど、とっておきのラストに答えが待っていました。
ああ、子供たちが裏切られてなくて良かった!
d0090824_23374897.jpg

時を同じくして今読んでいるのが、先日亡くなったフランスの政治家「シモーヌ・ヴェイユ」の自伝。
アウシュヴィッツのビルケナウ収容所に強制送還されながらガス室送還を姉ともども免れて、フランスで愛される政治家の1人になった女性です。
ファニーと子供たちの話も実話、シモーヌ・ヴェイユの話も目を背けてはいけない、大切な真実。
8月だからでしょうか、いつも以上に色々と考える月になりました。
d0090824_23374948.jpg


[PR]
# by laperla616 | 2017-08-27 23:12 | 映画・舞台 | Comments(0)

自分に合うカラーを知ろう@ISETAN新宿店

久しぶりにISETAN新宿店へ。
秋冬物で作りたいデザインをあれこれ考えていたら、3階で「カラー診断」のポスターを発見。
空いていればすぐに受けられて、しかも無料だなんて!運良く空いていたので早速診てもらいました。

20代の頃に診断してもらった時は「スプリング」でした。春の花のような、少し黄色を含んだ明るいパステルカラーです。
あの頃は髪や眉までかなり明るくしていたし、肌の色も相当白かった。でも今は日焼けもしているし、髪ももともとの色に戻しているから、当然あの頃とは似合う色が違うはずです。

ピンクやブルーの布を当てながら顔映りを見るわけですが、見事に似合わない色を当てると顔がくすみます(笑)。
結果は「サマー」でした。
青みがかったパステルカラーで、原色に白を足した感じでしょうか。
不思議なほど「サマー」カラーの布を当てると肌に透明感が生まれて、顔に影ができないので輪郭がスッキリして見えます。
d0090824_20305733.jpg

夏に作ったポンチョの色、ペパーミントグリーンも似合う色に入っていました。そう、あの生地を手に取った瞬間に似合う色だ!って思ったのは、あながち間違いじゃなかったようです。
今は各百貨店で様々なサービスを提供しているようです。うまく活用して、まだまだ知らない自分を発見しよう。
d0090824_20305853.jpg




[PR]
# by laperla616 | 2017-08-27 18:52 | おでかけ | Comments(0)


日々シアワセだと思うものについて
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
> desire_sa..
by laperla616 at 18:46
こんにちは、 私もア..
by desire_san at 15:42
Kさんありがとうございま..
by laperla616 at 07:09
すごいこんな素敵なお洋服..
by K at 20:48
> Kさん ありがとう..
by laperla616 at 15:05
お誕生日おめでとうござい..
by K at 00:54
こちらこそよろしくお願い..
by laperla616 at 08:32
早速の返信ありがとうござ..
by あわたさちこ at 22:32
あわた さちこ 様 はじ..
by laperla616 at 13:51
Kさんありがとうございま..
by laperla616 at 07:10
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧