FELICE



タグ:イタリアン ( 7 ) タグの人気記事


トラットリア パラディーゾ@築地市場

今月は1日からお世話になっている先生や夫妻と、友だちのお誕生日、と週1、2日のハイペースでイタリアンづいています。
イタリアに住んでいた時も和食はほとんど食べなかったのでまったく問題なくて、むしろこの時期の旬の食材を余すことなく食べ尽くしたいくらい(笑)。

たまには新規開拓をと、ランチで築地の「パラディーゾ」へ。
何度も行く機会がありながら違うお店と間違えたり(笑)、具合が悪くなってキャンセルしたりと、訪れるまでにずいぶんと時間がかかりました。
d0090824_11154042.jpg

ランチでこちらの名物「ペスカトーレ」を、友だちはリゾットをオーダー。
貝のうまみを余すことなく吸ったプリプリのリングイネが美味しいこと!さすが築地市場内のレストランだけあります。
南らしく塩味がしっかりしていてアルコールを飲まないと濃いと感じるかも知れませんが、南イタリアでこれは正しい味。飲めない私が悪いのです(笑)。

美味しいシーフードが食べられるイタリアンが見つかりました。ぜひぜひディナーで色々食べてみたい。
d0090824_11154031.jpg

[PR]
by laperla616 | 2017-09-14 10:49 | レストラン・Bar | Comments(0)

SOLIS agriturismo@葉山

私たちの結婚記念日は7月17日ですが、7月からだんなさんが単身赴任でアメリカに行ってしまうので一ヶ月早いアニバーサリーディナーで「SOLIS agriturismo」へ。
d0090824_14572304.jpg

賑やかでサルディニアに風が吹いている渋谷「Tharros」の姉妹店とは思えないほど、静かで心地のよいレストランです。
私たち以外も、お誕生日やプロポーズ!まで、お祝いの席がほとんどというのもうなずけます。隣の席の学生カップルは彼女のお誕生日のお祝いのようでしたが、若いのにこのレストランを選ぶなんてお目が高い!と関心しきりでした。
d0090824_14572434.jpg

d0090824_21050941.jpg

店名にagriturismoと付いているだけあって、スタッフの皆さんで野菜やハーブの栽培から養蜂!までをこなし、大地の恵みをいただく料理です。
ああ、私が料理人だったらこんなレストランは理想だなあ。
自分たちで育てた旬の野菜を楽しんでもらい、静かで濃い時間がゆっくりと流れる。いいなあ。

食べるのに夢中で魚、肉料理の写真は撮り忘れましたけど、仔羊のローストに添えられた青梅と粒マスタードのソースは絶品でした。
青梅の甘酸っぱさと粒マスタードがこんなにも合うなんて、料理はまだまだ無限です。
d0090824_21050988.jpg

d0090824_14572562.jpg

d0090824_14572543.jpg

d0090824_14572642.jpg

d0090824_14572679.jpg

アニバーサリープレートはかわいらしく。
分かりづらいかもしれませんが、一つ一つのプレートがとにかくモダンで素敵でした。これも少人数ならではの楽しみの一つかも。
d0090824_14572752.jpg


[PR]
by laperla616 | 2017-06-19 14:37 | レストラン・Bar | Comments(0)

アジとレーズン、サフランのトマトソース@クォバディス

先週のクォバディスのランチ。
アジとレーズンの組合せって初めてだけど、シチリアではポピュラーだそう。
d0090824_13311161.jpg

ソースが美味しいこと!
甘いだけじゃない、コクが出てパスタにレーズンはありです。私はフルーツ大好きだからたまらないけど、だんなさんはフルーツが入った料理が苦手。
ならば仕方ない、こちらへ来て食べるしかないなあ(笑)。
d0090824_13311168.jpg


[PR]
by laperla616 | 2017-06-08 17:14 | レストラン・Bar | Comments(0)

I LOVE ムール貝@ ラ・テンダロッサ

香川から友だち親子が遊びにきていたので、旬のものをいただきに馬車道の「ラ・テンダロッサ」へ。

出来るだけ手をかけずに旬の香りや旨みをぎゅっと引き出す才能は、日本人とイタリア人がダントツ。
春から初夏にかけては野菜が抜群に美味しくなりますが、今はアスパラガスやアーティチョークがおすすめとのこと。

こちらは前菜から満足できる味とボリュームで、いつもデザートまでたどり着けません(笑)。
d0090824_08583658.jpg

デザートは彼女のお気に入りの「パブロフ」に移動して、のつもりが、周りのお客さんがあまりに美味しそうにムール貝を食べていたので追加してしまいました。
プリップリのムール貝はオイル蒸しに少しのトマトの酸味がぴったり。ムール貝のエキスが出たオイルは持って帰りたいほどの美味しさ。ああ、おなかいっぱいだけどパンに浸して食べてしまう・・・。
そう、こちらの料理は味の着地がブレていなくて、どれを頼んでも美味しいんです。
d0090824_08583690.jpg

アスパラガスとあんこうのクリームタイプのフィットチーネと、水牛のモッツァレラとフルーツトマトのマルゲリータも絶品!水牛のモッツァレラチーズはまちがいなく大好きなものベスト5に入るなあ。

あと半月ほどで待望の「ズッキーニの花」が旬に。
ああ、待ち遠しい!今年はズッキーニの花を食べまくるぞ〜。
d0090824_08583712.jpg

d0090824_08583794.jpg


[PR]
by laperla616 | 2017-05-26 08:31 | レストラン・Bar | Comments(0)

「ラ・テンダ・ロッサ」@関内

昨日は馬車道で開催の「Le Bon Bon」さんの販売会へ。
シルバーの三段トレイやガラスの器、シノワズリーなクッションや小物に加え、この時期ならではのクリスマスのオーナメントまで、「Le Bon Bon」さんが世界中でセレクトしたものが並ぶとあって楽しみにしていました。
ですが・・・、同じく楽しみにしていたであろうマダムたちの争奪戦に入り込めなくて、目の前から次々と無くなっていきました・・・。悲しい。
d0090824_08004486.jpg

気を取り直して、同じく関内の「ラ・テンダ・ロッサ」で友人のバースデーランチを。
水曜日のランチだというのに広い店内はほぼ満席、しかもカップルばかり。噂に聞いていた通りの人気店でした。
d0090824_08004523.jpg

私たちがこよなく愛している「ズッキーニの花」を探してもらっていました。
初夏が旬のものですが、イタリアではギリギリ手に入るか入らないかぐらいの時期なので、もしかしたら!、と淡い期待を抱いていましたが、またまた残念!来年は旬の時期に必ずリベンジしよう。

目的を失っちゃいましたが、魅力的な旬の食材に惹かれて「ムール貝のパスタ」と「フレッシュポルチーニのパスタ」と二人ともパスタにしました。
ムール貝は小ぶりながらクリーミーで美味しい!
前日にたべた、カジュアルなバールのムール貝とは大違いです(笑)。
d0090824_08021491.jpg

ポルチーニもフレッシュならでは歯応えが素晴らしくて、これを食べたらポルチーニの美味しさが伝わるだろうなという感じ。

当日はバースデープレートをリクエスト済みでしたが、入店後すぐに店内の照明が消え、他の席にバースデーケーキを運びながらスタッフ総動員でバースデーソングを歌う様子に怖じ気づいて急遽キャンセルしてしまいました。
すでにメッセージを書いたお皿を冷やしてあったとのことで、ミルクジェラートとプチチョコレートケーキをサービスで持ってきてくださいました。
この位の控えめだったらやっぱり頼めば良かったかも、と後悔するほど美味しいミルクジェラートに大満足。

しっかりとした味付けはイタリアでたべるそのもので、スタッフの雰囲気といい、横浜でイタリアらしさが楽しめる貴重なお店になりました。



[PR]
by laperla616 | 2016-10-26 20:55 | レストラン・Bar | Comments(0)

QUO VADIS@横浜 元町

横浜に移って3年。
お店も色々と開拓しつつあって、快適な横浜ライフを送っていますが、残念なのは美味しいイタリアンが見つからなかったこと。
美味しいと思うところはいくつかありますが、どこか洗練されすぎてると感じてしまう。もっとイタリアで食べるようなアットホームな雰囲気と、イタリアの郷土料理というか家庭料理が食べられるとサイコーなんだけど。

で、見つけました!それも元町でです♪
正確に言うとJR石川町駅近くで、山手トンネルの手前と言えばいいのかな。
和食「SHIMOMURA」やフレンチの「Bistro BeBe」と、美味しいレストランが並んでいる通りにある、「QUO VADIS」です。
こちらはPIZZERIAでピザが美味しいのはもちろん、日本人の味にアレンジしていないイタリアンが食べられます。アレンジをしていないから口に合わない訳じゃなく、むしろすっごく美味しいんです!
イタリアンはマンマ(ママ)の作る家庭料理が特に美味しいから、マンマの味そのままをお店で出してもらえるのはうれしい限り。

で、フィレンツェに住んでいたときに1番好きだった料理が「リボリータ」。
この「リボリータ」はトスカーナの家庭料理で、家によってそれぞれ入れる野菜や味が違うそう。
白インゲン豆と固くなったパン、冷蔵庫にある野菜を入れて煮込むスープは滋味溢れる味で、寒くなってくると頻繁に食べます。

こちらでもリクエストがあって「リボリータ」をメニューに入れたそうですが、これが美味しい!
ほんと、口に運んだ瞬間に「わ、美味しい!」ってつぶやいたほどで、感動する味に出合えるのはなかなか難しいもの。
フィレンツェで食べる「リボリータ」は野菜の優しい味がポピュラーだけど、こちらはプラスコクがあります。
冬だけのメニュー「リボリータ」は、パンも入ってボリュームがあるので、これだけでも十分お腹いっぱいになるほど。
あ、でも、他にも美味しそうなメニューが色々あるので、ぜひ何人かで行って楽しむのが1番かな。
d0090824_19471939.jpg

[PR]
by laperla616 | 2012-11-22 19:14 | レストラン・Bar | Comments(0)

イタリアに続く重い扉

今朝も花冷えの寒い朝で、あいにくのお天気。まだ満開じゃなくて、ほんと良かった!
イタリア人の友人をホテルに迎えに行って、朝食の朝がゆを食べに中華街へ。

「馬さんの店 龍仙」は朝7時から朝がゆが食べられるお店で、ホテルの朝食をあえて付けなかったのは、ぜひ朝がゆを食べてもらいたかったから。
こぢんまりした店内で、店員さんもてきとーな感じですが、こちらの朝がゆは胃に優しく染みわたって元気になれます。
一番人気のある、ホタテや海老、白身魚のフライの入った粥を、二人でシェアしました。
イタリア人もお米は食べるけど、朝がゆのような、とろとろしたお米は初体験だったみたい。
とても優しい味で胃に優しいし、体がとても温まるから、イタリア人の朝食にもベストだよ!と何度も言ってました。よっぽど気に入ったのかしら。

朝がゆを食べて暖まった後は、東京に移動。
ホテルに荷物を置いて、ホテルの回りを散歩しました。とっても美味しいイタリアンに案内してあげると、急きょ、麹町の「Elio Locanda Italiana」に行くことに。

フィレンツェに住む日本人の友人から、とても美味しいイタリアンが食べられるお店だって聞いていたけど、麹町までは行かないな、と思っていたお店。ちょっとわかりにくいところにあって、正真正銘の隠れ家です。
びっくりするほど重い扉を開けてびっくり!その扉はイタリアに通じる扉でした。
雰囲気といい、味といい、まるで、イタリアでお昼を食べているみたいなんだもの!

何年か前に日本に来た時、毎日のように通っって、すっかりイタリア人スタッフとも仲良くなったと言ってたけど、ほんとに大歓迎してくれて、一番落ち着ける席に案内してくれました。
メニューはお任せで出てきたので正確な料理名は不明ですが、どれ食べても美味しい、ほんと。

前菜は大好物のスペルト小麦とシーフードのサラダ(推定)。
スペルト小麦を出すお店って意外と少ない。癖がなくて、プチプチとした食感は何にでも合うもの。
d0090824_1054293.jpg

パスタは2色の手打ちパスタで白身魚とかシーフードがふんだんに入っていて、何とも言えず美味しい♪
フィレンツェのチェントロで、こんなに美味しいイタリアンを食べられるレストランってあったっけ?って、友人と言いあったほど!
d0090824_1061184.jpg

デザートはシチリアの名物のお菓子(名前忘れちゃった)とパンナコッタ。
口に入れるとしあわせな気持ちになるって、まさにこのこと。たまらない!!!
d0090824_10301692.jpg

プチ菓子もイタリアクッキーのビスコッティとチョコレート、焼き菓子とどれも美味しい。
d0090824_10292740.jpg

午後になってミルク入りのコーヒーを飲むなんて!とNO~を連発する友人を横目に、イタリア人はうるさいね~♪ってウィンクしながら美味しいカフェ・ラテを持ってきてくれました。
d0090824_1026153.jpg

お砂糖のコーディネートも可愛くて、すぐにでも参考にしたいくらい。
d0090824_102739100.jpg

乾杯のスパークリングとウンブリアの白ワイン(感動するくらい美味しくて、友人はメモをとってたくらい)、デザートに合うからと持ってきてくれた甘口のワインは全てお店からのサービスで、あんまり美味しいから、久しぶりに飲んじゃった♪

場所柄、アメリカ人やイタリア人も多くて、日本で食べてるって感じも全くしないし、必ずまた来るからね、とイタリア人スタッフに伝えると、ウィンクでちょっと待ってね♪と、帰り口で彼に渡されたのはこれ。
d0090824_1025426.jpg

コーヒーのお供でいただいた焼き菓子を、アルミホイルで作ったプチバッグに詰めてプレゼントしてくれました。すごくかわいいアイディア!
うれしくって、両ほほにキスしてハグしたくらい!もちろんほほとほほを合わせるキスですよ、はい。
ちょっとイタリアに行きたくなったら、真っ先にこの扉を開けに行かなくちゃ♪
[PR]
by laperla616 | 2010-03-25 21:26 | レストラン・Bar | Comments(0)


日々シアワセだと思うものについて
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
> desire_sa..
by laperla616 at 18:46
こんにちは、 私もア..
by desire_san at 15:42
Kさんありがとうございま..
by laperla616 at 07:09
すごいこんな素敵なお洋服..
by K at 20:48
> Kさん ありがとう..
by laperla616 at 15:05
お誕生日おめでとうござい..
by K at 00:54
こちらこそよろしくお願い..
by laperla616 at 08:32
早速の返信ありがとうござ..
by あわたさちこ at 22:32
あわた さちこ 様 はじ..
by laperla616 at 13:51
Kさんありがとうございま..
by laperla616 at 07:10
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧