FELICE



タグ:ファッション ( 9 ) タグの人気記事


EQUIPMENT(エキプモン)に夢中

「愛しのEQUIPMENT エキプモン」を以前書きましたが、その記事を読んだだんなさんがアメリカで探してきてくれました!なんてできただんなさん・・・。
d0090824_21301348.jpg

ああ、このエスプリがたまらない。
そしてエキプモンのXSはほんとにサイズ感がぴったりで、メンズライクで女性っぽいところがいい。
25年前も、今も同じくらい好き。そしてこの先も間違いなく好き。

ただ・・・、この写真を撮ってもらった足でご近所さん宅に行ったら、すかさず、あら?と言われました(笑)。
目が悪いと本物だと思われる可能性大です。
d0090824_21301406.jpg

[PR]
by laperla616 | 2017-09-11 21:17 | ダイスキなもの | Comments(0)

愛しのEQUIPMENT エキプモン

どんなに流行が変わろうとも、私の中にはぶれない「軸」のようなブランドが二つある。
一つは「Emilio Pucci(エミリオ・プッチ)」、もう一つが「EQUIPMENT(エキプモン)」。
エキプモンはフランスでスタートし、1度途絶えてしまった後にニューヨークで再スタート。
袖を通した瞬間に背筋が伸びる、そんなシャツのブランドです。

21歳の誕生日のこと。
車で青山の骨董通りにあったエキプモンの前を通った時、友だちたちがサプライズでエキプモンのグリーンのシャツをプレゼントしてくれました。
シルクのてろっとした落ち感と、体が泳ぐようなメンズライクなサイズのシャツは当時の私には大人っぽくて、着るたびにときめいていた記憶があります。

当時憧れていた熊倉 正子さんがPRされていたこともあって、すぐにエキプモンのシャツの虜になりました。
この写真で熊倉さんが着ているシャツも確かエキプモンでは⁉︎
d0090824_02285200.jpg

パリに行く度に一枚ずつ買い集めました。
淡い水色のシルクにチョコレートブラウンの総レースのシャツ、ヘビ柄にピスタチオグリーンのベロアのシャツなどなど。古い建物が建ち並ぶサンジェルマン通りで、真っ白な、コクーンというか、白い洞窟のような店内。ハンガーにかかったシャツがラックにズラリと並んでいる。パリらしい、華やかなものが求められる当時に、この美意識の高さは多いに刺激を受けました。
一枚、一枚の完成度が高くて、ちょっとした場に着て行っても恥ずかしくないエレガントさを持ち合わせていたのがエキプモンのシャツ。
何年か前に再スタートしたと知った時はうれしくて、うれしくてたまりませんでした。
シャツのサイズが細身になったり、ワンピースもあったりと、デザインのバリエーションが増えてますます洗練された感じ。
d0090824_02225050.jpg

そんな中、たまらない一枚を発見。
サラリーマンの男性たちは絶対着てはいけないシャツ(笑)、でも女性にとってはたまらなくチャーミング!
日本では見かけないけど発売されるのかな?いや、発売して欲しい!
こんなエスプリがたまらなく愛しいと思ってしまうのです。
d0090824_02225012.jpg


[PR]
by laperla616 | 2017-08-09 01:35 | ダイスキなもの | Comments(0)

色褪せない魅力

今年の春は忙しくてできなかったこと、後回しになっていたことを片づけています。

その筆頭が「断捨離」。
これはしないと離婚されてしまうんじゃないかと言うほどの優先事項(笑)。
とは言っても、仕事や洋裁関係の物が多い私にとって乱暴にどんどん捨てるわけにはいかないので、一つ一つのものに「住所」を与える「揃える収納」から進めています。
人が見たら十分色褪せている物でも私にとっては「思い入れ」が詰まってたりする訳で、時間があるからこそのスローペースな「断捨離」です。

「色褪せない物」はいくつかありますが、何度整理しようとしても必ず生き残るものがこの2枚のニット。
決して高価なものではないけど、ファストファッションのように安くはなかったなあ。
今のようにシンプルで上質なものか、ファストファッションの二極化が進んでいない、ファッションが楽しかった頃のものは色やデザインが秀逸です。
d0090824_09024632.jpg

カーディガンはすっかりへたってぺらぺらになってしまいましたが、アンティーク調の組み合わせとポピー柄がなんとも私らしい一枚。
買ったお店は今では無地のシンプルなものばかりで、この手のニットはまず見つからないのが残念。
d0090824_09024739.jpg

ピンクのニットはフィレンツェで最初に住んだアパートの近くで買ったもの。
ひと目見た瞬間に、「マリオ・ジャコメッリ」のIo non ho mani che mi accarezzinoil volto(私にはこの顔を撫でてくれる手がない)を思い出しました。
修道士が輪になって踊っているモノクロの写真ですが、これは多分それの修道女版。そのウィットに富んだデザインに思わずクスッとした1枚です。
d0090824_09024765.jpg

きっとあの頃のように戻ることはないから、この色褪せない魅力はずっと残しておきたい物。
って・・・、断捨離完了までの道のりが長い気がしてきた(笑)。
d0090824_09024839.jpg


[PR]
by laperla616 | 2017-04-26 08:20 | ダイスキなもの | Comments(0)

洋服作りをしてZARAの優秀さを実感すること

洋服作りを習い始めて思うこと。

普段お店で気軽に手にとるシンプルなシャツでさえ、きれいに仕上げるのって実はとても難しい。
知識も経験もない私にとってはひたすら時間が必要です。
だからこそ、改めて「ZARA」の洋服が優秀なことを思い知らされます。

時々「ZARA」の服は縫製が悪い、と聞きます。
洋服作りでご一緒するマダムたちもそんなイメージがあるみたい。確かにそういうときもありますが、私からみたらこんな細かいディテールは縫えない!、むしろ縫えるだけですごい!とさえ思います。それがあの値段で買えることに驚愕と感謝の念さえ生まれます。
きっとパタンナーが優秀なんでしょう、ジャケットやコートの肩のラインは惚れ惚れするものが時々見つかります。
もしも自分のラインに合わなければお直し前提で買う、そのお直し代をプラスしたとしても十分お釣りがきます。その判断ができるのも洋服作りを習い始めてからかもしれません。
それに、昔に比べたらずいぶん縫製も良くなっている気がするなあ。あとはオンラインショップで買うと比較的縫製のきれいなものが届くような気がします。

生地のクォリティの高さも優秀です。
カットソーやレザーは置いておいて、ジャガード織りやプリント柄、刺繍ものはかなりのクォリティのものが見つかります。
グローバル展開しているからこそだと思いますが、同じような生地を見つけて作っても到底あの値段では売れません。
ウィンドウショッピングで欲しいものを見つけた時、まず頭の中で作れるかどうか、作れるとしたら同じような生地があるかをとっさに判断します。
作れない、そう判断した時に初めて洋服を買いますが、ZARAの洋服は作れない、買った方がいいと即判断するものばかり。

あと、靴も優秀です。
不思議なことにZARAの靴を履いているとほめられることがよくあって、特に外国の方に声を掛けられます。
値段の安い靴はヒールの位置がよく無いものが多いとフィレンツェの靴職人見習いしている人に教えてもらって以来、ZARAではヒールが低いものを買っていたけど、冬に買ったスパンコールのショートブーツはアメリカ旅行中、一足で通せたほど優秀でした。本気で走ることもできるくらい(笑)。

だからといって、全身ZARAで調達してしまうとどうしてもZARAらしさが出てしまうから、ニットはカシミヤにするとか、質の良いTシャツを合わせるとか、洋服をZARAにしたら靴は上質なものに、洋服がいいものの時は靴をZARAではずすとか。その辺りのセンスは海外のマダムたちをお手本に。
洋服作りを習い始めて、ZARAがワードローブに加わって、賢く洋服選びができるようになった気がします。あくまで気だけかもしれない、と言われそうだけど(笑)。


[PR]
by laperla616 | 2017-04-19 08:31 | Comments(0)

Vivettaのつけ襟

なんでもないニットやTシャツの雰囲気をガラッと変えられるつけ襟。
「Hyke」のシンプルなつけ襟を買って以来、見つけると買うようにしています。

「Vivetta」はいかにもイタリアらしい、ウィットに富んだチャーミングなつけ襟が見つかります。「Vivetta」の定番デザインがこの赤いネイルの指のタイプ。
これにインスパイアされて、普段しない赤にミラーネイルのネイルにしてみました。草むしりを素手でしてしまって、ところどころポロポロだけど(笑)。
d0090824_10030479.jpg

黒やグレーのシンプルなニットもオシャレなよそ行きになったかな。
[PR]
by laperla616 | 2017-04-01 21:36 | 今日のお買い物 | Comments(0)

旅するファッション

私にとってのファッションは自分らしさを正しく伝えるためのツール。
人見知りが激しい私にとって言葉ではなかなか伝えられず、営業やコンサルティングの仕事を通して学んだもの。特別お洒落が好きな訳じゃない。

旅先へは行き先と訪れる場所、それと一緒に行く人に恥ずかしいと思わせないことを考えて洋服を選びます。
敬虔な教会に肌を出した格好では行くべきではないし、素敵なホテルやレストランにはお店に敬意を表してお洒落をして行くなど、ほんとにシンプルなルール。

パリのリッツホテルの「ヘミングウェイ バー」へ行ったときのこと。
私も友人も確かワンピースを着て行きました。
肩のラインが美しい友人はノースリーブで、肩が出せない私は(笑)プッチのジャケットを羽織って。
窓際のいい席に案内してもらい、帰るまで私たちは素晴らしいサービスを受けて気分良く過ごしましたが、短パン姿で騒がしくしていたアメリカ人グループは遠い離れのような席に追いやられていたことを考えると、自分も相手も気分良く時間を過ごすためにお洒落は役に立つことを実感。

今回は寒い時期のアメリカだったので、防寒が最優先。
とはいえ、せっかく寒いところへ行く時は寒さを、暑いところへ行く時は暑さを楽しみたい。

だんなさんにあまり派手な色は着ないようにと釘を刺され、黒とグレーを基調にしました。
防寒の中にもミンクのイヤーマフをアクセントに、のはずが、デトロイトもニューヨークも日中の気温は連日16℃!仕方ないので早朝の暖炉が付いている時にパチリ。
d0090824_00190509.jpg

デトロイトでは暖かい格好を、ニューヨークには飛行機の移動も考えてシワにならないPUCCIのスカートにしました。
そしてこの旅では黒のショートブーツ一足で通しましたが、このショートブーツとPUCCIのスカートはどこに行っても褒められました。
d0090824_00190696.jpg

ニューヨークの空港の手荷物検査では、検査官がスカートが素敵だから通っていいよとノーチェック(笑)。
MOMAの警備員から車イスの年配の女性まで色々な人に声をかけてもらって、私もたくさんありがとうと笑顔で答える、ステキなコミュニケーションが取れました。
片言の英語しか話せない私だからこそ、ファッションの力を借りてコミュニケーションするのって悪くないはず。
d0090824_00190678.jpg

[PR]
by laperla616 | 2017-02-26 11:40 | 旅行 | Comments(0)

思い出のスニーカー

このスニーカー自体に思い出がある訳じゃなくて、前にこれによく似た靴( 正確に言うと革靴 )を見たことがある。
d0090824_16274912.jpg


フィレンツェにマーブルペーパー作りを習いに行ったのになかなか工房が決まらなかった時、ふと紹介してもらったマエストロ。
フィレンツェで一番のマーブルペーパーを扱っているショップで、私が一番修行したかったお店。そこには断られたけど、そこのペーパーを作っていたのがマエストロと教えてもらって1、2度訪れた。
目の前で見る、彼の作るマーブルペーパーは美しかった。

そのマエストロが履いていたのが、絵の具が飛んで元の革の色が分からないほどの年季の入った革靴。
靴のことを聞くと、「フェラガモで買ったんだよ、高かったんだぞ」と笑った。
汚れると分かっていてもきちんと革靴(もちろんフェラガモ製では無いけど)を履いていること、絵の具だらけの年季の入った靴を誇りに思っていることが、なんだかとてもイタリア人らしいと思いました。

これはZARAの男の子用。
ひと目見た瞬間にその時の記憶が鮮明に蘇りました。
多分、人生で一番大変で、一番がんばってた時の思い出のひとつ。
これを忘れないためにも手元に置いておきたい靴。
d0090824_16275011.jpg



[PR]
by laperla616 | 2016-01-28 10:21 | 今日のお買い物 | Comments(0)

White on White

珍しくオシャレの話を。

今月の「VOGUE」は春夏のファッション特集。
その中でもくぎ付けになったのが「White on White」のページです。
d0090824_10474472.jpg

d0090824_10474463.jpg

d0090824_10474442.jpg

好きな色は?、と聞かれたら「白」と即答するほど白が好き。
小さい頃からハンカチやブラウスは必ず白、と言われて育ったせいか、どこかに白がないと落ち着かないほどで、秋以外は好んで全身白のコーディネートをします。
それでも最近はお花の制作だったり、ディスプレイだったり、大荷物を抱えて納品したりとオシャレとは縁遠い生活で、全身白なんて汚れるのが心配でできなくなりました。

でも!、たまには大荷物を抱えないで、小さなポシェットひとつで出掛ける日を作ろう。
そう思ったときに真っ先に浮かんだのが「White on White」。
最近の電車の友「Pinterest」でホワイトファッションをチェックして、「真似したい」と「作りたい」をあれこれ考える時間はなんとも楽しい!
白はそれだけで華やかなので、シャツやTシャツ、ニットとあくまでもベーシックなものでシンプルに。
ああ、また洋服作りが忙しくなりそう。

「作りたい」
d0090824_10474536.jpg

d0090824_10474575.jpg

d0090824_10474598.jpg


「真似したいWhite on White」
d0090824_10474502.jpg

d0090824_10474695.jpg

d0090824_10474684.jpg

d0090824_10474645.jpg





[PR]
by laperla616 | 2016-01-21 09:49 | ダイスキなもの | Comments(0)

お花見と駆け足ショッピング

深夜?早朝?に、友人から明日の午後お花見しよー、とメールが。
え?エイプリルフールじゃないよね?

とりあえず午前中に用事を済ませて、駆け足で中目黒へ。
浅草橋→四ッ谷→渋谷→中目黒と、今思い出しても走ってたことしか浮かばないなあ。

改札から、人の波が左側に向かって出来ていたので、右側の「BALS」裏方面へ。「HUIT」でランチを食べてひと休みしましたが、何を食べたか記憶がありません。
あ、忘れてた、こっち側の桜は八重桜で左側よりも開花が遅かったんだ。カフェからご飯食べながらのんびりお花見しようと思ったのに、まだまだつぼみが固い・・・。どうりで空いてる訳ですね。
仕方なく、食後に歩道橋を渡って左側に移動すると、ひゃー、人がいっぱい!
新年度スタートの日にこんな所にいてイイの?て位、人がいましたねえ。
目黒川の桜は、何度見てもいつも変わらない美しさで、わたしたちを迎えてくれます。今日は満開で、きれー!
ついでに二子玉の高島屋にも行きたかったので、駆け足でお花見終了♪わずか滞在5分のお花見。

お目当ては、新しくOPENした「ロンハーマン」と「PLAIN PEOPLE」です。
どちらも千駄ヶ谷、表参道からそれぞれ歩く為、時間とパワーのない身としては、行きたくても行けなかったお店。
もちろん本店とは違うでしょうが、内装やディスプレイもいい感じです♪
「ロンハーマン」は西海岸ティストで、リラックスウエアからお出かけするのにぴったりな靴やアクセサリーも充実してます。脱力感がいいな♪
メンズやキッズも置いてあるのが、二子玉らしい!本店も置いてるのかな?
色々目に留まるものがあったけど、何しろ今日は滞在予定1時間の超駆け足ショッピング。チェックだけして、時間のあるときにゆっくり来よう。
d0090824_11205611.jpg

d0090824_11382263.jpg「PLAIN PEOPLE」は本館2階のちょっとわかりにくいところにありました。
こちらはうって変わって落ち着いた感じで、好みはこちらの方かな。シンプルで上質なバッグやストールも揃っていて、迷ってしまいます。ずいぶん前から旅行用のボストンバッグを探していますが、ことらのボストンバッグはくたーっとしてイメージに近い!
ジャージ素材もほんと着やすそうで、なおかつきちんと見えそうなところがいい。もちろん、こちらも時間が無いのでチェックのみです。

1Fの「シンクロ・クロッシング」も、上質で飽きの来ないデザインで好きなお店の一つで、洋服はもちろん、アクセサリーがとっても優秀なのも魅力です。
ラインがキレイなだけじゃなく生地も凝っていて、しわになってもハンガーに掛けておけばしわが取れてくるから旅行にもぴったり!ってブラウスもステキでした。自宅でも洗えるし、重宝しそう。
でもやっぱり時間が無いから、試着出来ず。
近所に住んでいる友人がうらやましい!

週末の高島屋って絶対近寄りたくないほど混んでるけど、平日はなかなか悪くない。むしろ、最強と言うくらいのラインナップで感心するくらい。
残念ながら、ガーデンにあったカフェ・バー「まるうめ」は閉店しちゃったけど、金沢の日本酒のお店「福光屋」のカフェも落ち着いて、デパートらしくないお店も多いからのんびりできちゃう。
この2店が増えて、ますます魅力的になりました。
[PR]
by laperla616 | 2010-04-01 21:52 | Comments(0)


日々シアワセだと思うものについて
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
> desire_sa..
by laperla616 at 18:46
こんにちは、 私もア..
by desire_san at 15:42
Kさんありがとうございま..
by laperla616 at 07:09
すごいこんな素敵なお洋服..
by K at 20:48
> Kさん ありがとう..
by laperla616 at 15:05
お誕生日おめでとうござい..
by K at 00:54
こちらこそよろしくお願い..
by laperla616 at 08:32
早速の返信ありがとうござ..
by あわたさちこ at 22:32
あわた さちこ 様 はじ..
by laperla616 at 13:51
Kさんありがとうございま..
by laperla616 at 07:10
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧