FELICE



mitate asobiの茶道勉強会「涼の茶会」@tray

代官山のギャラリー「無垢里」のHPをチェックしていて、一瞬にして心奪われた「彗星菓子手製所」さんの和菓子。
すっとした佇まい、凛とした透明感、雨にまつわる言葉を書にし、そこからインスピレーションを受けて生み出されるお菓子。まさに作品です。
d0090824_22103185.jpg

「彗星菓子手製所」さんのお菓子を一目見たくて、参宮橋のギャラリー「tray」の「涼の茶会」にお邪魔しました。
こちらのお茶会のドレスコードは会の名前にちなんだ「涼」。
浴衣もしくは「涼」を感じるものを身につけるという、なんとも素敵なドレスコード!
もちろん私は浴衣、それもちょっとよそ行き風の「綿紅梅」にしました。
d0090824_23591913.jpg

裏千家と表千家の先生が交代でお茶を点てながら、流派の違いだったり、点て方の違いを比較しながら知ることができる貴重なお茶会でした。
夏の暑い日ならではの茶事はオリジナリティがあって、とびきりチャーミング!テーブルコーディネートにも取り入れたくなりました。
冷たいお薄を美味しく入れる秘訣は、予め抹茶をふるいにかけておくこと。きめが細かくなってダマにならずに点てられるそうです。

裏千家ならではの夏のおもてなし「葉蓋」。
今回は料理用の大きな器に蓮の葉を蓋代わりに。
「葉蓋」を用いるのは夏の間でも一ヶ月くらい、しかも暑い日に限られているそう。初めて見ましたがとっても
素敵なおもてなしです。
「tray」のオーナーがこの「葉蓋」向きの葉をイラストで書いていただいたのがこちら。
d0090824_23592043.jpg

d0090824_23592057.jpg

表千家はシンプルながら美しいガラスの器を使っていました。
こうして見るとお茶だけでなく、花や器にも詳しくないと素敵なおもてなしができない。
お茶の世界って奥が深いですね。
d0090824_23592096.jpg

今日のお目当「彗星菓子手製所」さんのお菓子「夕刻の氷室 / 錦玉羹 桃淡雪羹」を楽しみ、器を作られた作家さんに器について伺ったり、アンティーク着物のショップオーナーに浴衣のコーディネートを色々と教えてもらったりと、想像以上に充実したお茶会に大満足です。
d0090824_00061695.jpg

d0090824_23592015.jpg

d0090824_23592181.jpg

今回参加した方の中にかわいらしい藍色の浴衣を着た方が。
それぞれの「涼」を話す際に、彼女が着てきた浴衣はお祖母様のものだそう。東京オリンピックの時に小石川の地元の皆さんで作ったそうで、確かに花が輪になったデザインがオリンピックらしい。
なんて素敵なデザイン、なんて素敵なエピソード!
あまりに素敵だったので写真を撮らせてもらいました。
次回のオリンピックではボランティアをしたいと思っていたけど、こんな浴衣を作って参加するのもいいかも。
d0090824_23592145.jpg

今回は当日の納品で腰を痛めてしまって、一度はキャンセルするつもりでした。それでも無理して参加してほんとうに良かった!

次は秋のお茶会。
また秋ならではの繊細なお菓子が楽しみになりました。
[PR]
by laperla616 | 2016-07-04 22:04 | おでかけ | Comments(0)
<< 遅ればせながら・・・「東急プラ... 涼を感じるアレンジ >>


日々シアワセだと思うものについて
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
Kさんありがとうございま..
by laperla616 at 06:16
お久しぶりです 本当に..
by K at 22:37
> desire_sa..
by laperla616 at 18:46
こんにちは、 私もア..
by desire_san at 15:42
Kさんありがとうございま..
by laperla616 at 07:09
すごいこんな素敵なお洋服..
by K at 20:48
> Kさん ありがとう..
by laperla616 at 15:05
お誕生日おめでとうござい..
by K at 00:54
こちらこそよろしくお願い..
by laperla616 at 08:32
早速の返信ありがとうござ..
by あわたさちこ at 22:32
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧