FELICE



これだからサルサはやめられない!

三連休の最終日は去 通っているジムのダンスの発表会。
各店舗のキッズのバレエ、ヒップホップにチアダンスに始まり、大人のタヒチアンダンス、バレエ、フラに太極拳と、バラエティに富んだダンスが楽しめます。

去年の9月からサルサを習い始めて、人前で披露するのは昨年末のクリスマスパーティーに次いで2回目。
もともと極度のあがり症で、人前に立つこと自体苦手。今回も参加しないつもりだったのに、ビリー先生は有無を言わせません。
昔ちょこっとだけ習ったサルサをもう一度やりたいな、といった程度だったのが、今ではすっかり生活の一部に組み込まれていました。

「マイアミ・サウンドマシーン」は高校生の頃大好きで、今回は彼らの代表作の一つ『コンガ』を踊ります。
ラテンのリズムとキレッキレのサウンドはダンスにぴったりで、6月で終わってしまった「ワールド オブ ダンス」でも『コンガ』のリズムに合わせてラテンチームの圧巻なダンスが見事でした。

一緒に踊る仲間は、私よりひと回りもふた回りも上のマダムたちですが、みなさんお若くて、いつもパワーをもらっているほど。
なかなかぴったり合わなくて苦労もしましたが、本番当日はいつもの何倍も良い出来で緊張することも無く、楽しんで踊れたことが1番。
これは全てビリー先生のおかげ。
プロフェッショナルなビリー先生の指導を受けられる幸運に何より感謝しなくてはね。

d0090824_22093408.gif

着替えやすいように作ったサマードレスのテーマは「海水浴のタオルドレス」。
それでも雑貨店で見つけたインド製のリボンをポイントにして、少し華やかにもしました。
何かある時にお守りがわりに付ける「バナナ・リパブリック」のおもちゃネックレスも付けて。
d0090824_22164631.gif

d0090824_22173676.gif

d0090824_22192467.gif


発表会終了後はブラジル料理の「RIO GRANDE」で打ち上げでした。
みんな多少なりともこの日の為にダイエットをしていたので、今夜はブラジル料理のブッフェとシュラスコを心ゆくまで楽しみました。

d0090824_22075587.gif

ブラジル人のビリー先生がいたこともあって、サンバの演奏では大盛り上がり!演奏していたトリオが私たちのところで特別に演奏してくれたりと、サンバが少しでも踊れていたらきっとみんなで踊っていたでしょうね。
ダンスの仲間ってサイコー!
d0090824_22084178.gif

来週からはクリスマスパーティーの発表会に向けて次の練習がスタート。
そしてさらにスキルアップするレッスンにも誘われていて、来年早々に発表会があるとか無いとか。
発表会に向かって日々練習する生活なんて1年前は想像もしてなかったけど、この歳でサルサに目覚めたのはまだまだ変われるチャンスをもらったよう。
さあ、次回はどんなダンスかな。

[PR]
# by laperla616 | 2018-07-16 23:12 | ダイスキなもの | Comments(0)

横浜は洋食がお好き「洋食のキムラ」

だんなさんが夏季休暇で一時帰国したので、久しぶりに「洋食のキムラ」へ。
昔一筆書きで書いたことがあるようながお店の看板は、いつ見てもふふっと笑ってしまいます。

d0090824_17545835.gif

d0090824_17592840.gif

お客様の90%はオーダーするハンバーグは昔なつかしい味。メニューを見るまでもありません。
いつ行っても変わらない味があるのはやっぱり嬉しいようで、だんなさんも義理の母も美味しい顔してます。

美味しいものってずるい。カンタンに人を笑顔にしてしまうもの。

d0090824_17541437.gif


[PR]
# by laperla616 | 2018-07-15 17:36 | レストラン・Bar | Comments(0)

アーティフィシャル ベジタブル フラワー ブーケ

今回のパリではランジス市場に出向いて仕入れるつもりでしたが、中心地から離れているため半日以上潰れてしまうことと、前回行った時に使いたいアートフラワーが無かったのがネックになって結局行かずじまい。

それでもマレの「Merci」で珍しいアートフラワーを見つけました。なんと「スナップエンドウ」がたわわに実っています。
夏野菜のアーティチョークを組み合わせよう。あとはシチリアレモンや、ベリー系と一緒に束ねたら夏らしいベジタブルフルーツブーケの完成です。

d0090824_21263129.jpg

スナップエンドウがぷっくりして美味しそうなこと!
花だけが季節をあらわす代名詞じゃないってこと、このブーケが教えてくれました。

d0090824_21442245.gif


[PR]
# by laperla616 | 2018-07-11 21:03 | | Comments(0)

I LOVE YOU

I LOVE YOU.

学校で「私はあなたを愛しています」と習ったことばが、人によって解釈が違うって考えたこともなかった。
その昔、夏目漱石は「月が綺麗ですね」と訳したという逸話が残っています。二葉亭四迷は「わたし、死んでもいいわ」と訳したそう。

昔何度かライブを観に行った「東京スカパラダイスオーケストラ」。
当時はあまりにメンバーが多くて一人一人の顔はよく分からなかったけど、何年か前のEXILEのPVで見かけた男性が「東京スカパラ・・・」の谷中 敦。

d0090824_00185434.gif

昔の上海?を舞台に、谷中敦と美波のほんの何分かの映像がそれは美しくて、PV見たさに何度も見た記憶があります。
日本人でこんなセクシーな男性がいたなんて! 
誰かがサックスを吹く男性はセクシーだと言ってたけど、まさにそう。
ああ、私はやっぱり楽器を演奏する男性が好き。

d0090824_00184080.gif

そして彼の「I LOVE YOU」がこれ。

「もう 後には戻れないな」

そんな風に言われて恋に落ちない人いるかしら?、いないでしょう(笑)。
このセンス、ますます日本人じゃない。
私の「I LOVE YOU」とは?
 あなたの「I LOVE YOU」は?
d0090824_07232756.gif



[PR]
# by laperla616 | 2018-07-05 23:51 | 心に残った言葉 | Comments(0)

最後の晩餐

今夜は、今回部屋を借りた友だち夫妻の家でディナーをご馳走に。
ボローニャに住むエミリオのお姉さんも一緒に、友だちがパスタからデザートまで、サラダはエミリオが作ってくれて、それはそれは素晴らしいディナーでした。
d0090824_05023067.gif

エミリオは南イタリアはカンパーニャ地方出身。
山の中にある彼の家の写真を見せてもらいましたが、とても趣味の良い、ステキなお家。家も庭もご両親が丁寧に手を掛けているそう。
エミリオはデザインの仕事、お姉さんのニーナは建築家なのも環境が影響しているのかも。

今回のフィレンツェ滞在がとても快適だったのは全て2人のおかげです。
大好きなサンタンブロージョ市場やドゥオモから近くて、これ以降フィレンツェに来るときはこの部屋以外考えられないほど。
明日帰国しますが、パリでもフィレンツェでも友人たちのおかげで充実したひとり旅になりました。
思い残すことはまったく無し。明日からまたがんばろう!

[PR]
# by laperla616 | 2018-07-03 04:41 | Italia | Comments(0)

Bar ucci volpaia@ Chianti

急に予定が無くなったと友だちから連絡が入って、寝起きの状態でキャンティへ。
キャンティと言えばトスカーナならではの田園風景にワイン、そして美味しい食材の宝庫とくれば週末は人でごった返します。

前日にキャンティの有名なお肉屋さんが経営するリストランテを教えてもらって、行けるかも?と期待しましたが、すでに他のお店を予約していたよう。残念!
訪れたのは「Bar Ucci Volpaia」。
バールといってもちゃんとした食事が食べられて、人気店だけあって早々に満席です。

d0090824_03300183.gif

夏のフィレンツェといえば、やっぱりパンツァネッラは外せません。
暑い時に火を使わずにささっと作れるのでよく作りますが、ひときわ軽くて新鮮なのは自家製のパンと自家栽培の野菜を使っているから。
ここで使用している野菜のほとんどが自家栽培で採れたもの。新鮮な訳です。
d0090824_03203712.gif

みんなで取り分けられるように、ペコリーノチーズと生ハムの盛り合わせも。
愛して止まないペコリーノチーズはフレッシュとセミドライ、ドライの3種類が楽しめる、魅力的な盛り合わせ。

d0090824_03222943.gif

私はすっかりパスタの口になっていたので、ピチのトマトソースを友だちと半分こしました。
それにしても私がチーズをかけると、友だちのボーイフレンドのイタリア人が足りないとドバッとかけてきた。
このイタリア人のおせっかいはどうにかならないものでしょう。

d0090824_03261633.gif


[PR]
# by laperla616 | 2018-07-02 16:48 | レストラン・Bar | Comments(0)

アッラ・ベッキア・ベットラ@フィレンツェ

アッラ・ベッキア・ベットラ は、フィレンツェに住む日本人は1度は必ず訪れるリストランテ。

映画「冷静と情熱の間」の舞台になったり、日本のカリスマイタリアンシェフがここの名前からお店の名前をつけたとか、なにかと日本人には良く知られています。
いえいえ、地元の人たちにも愛されていて、いつも並んでいる人気店で、友だちのご主人が働いているので久しぶりに行ってみたくなりました。

最初は1人でフィレンツェ流ステーキを食べるつもりでしたが、さすがに恐れをなして友だちを誘いました。
先日行ったパリのイヴ・サンローラン美術館の話から、彼女はモロッコのイヴ・サンローラン美術館に行った話になってかなり盛り上がりました。

今日はステーキがメインなのでパスタは我慢して、付け合せをいくつかオーダー。
生のキノコは初めて食べましたが、新鮮で香りが強いこと。美味しい!

d0090824_03554388.gif

ステーキは2人で700gをシェア。
この肉肉しさが好きなゆえん。ほんとに塩とペッパーだけでこんなに美味しいのは、お肉そのものが美味しいから。
Tボーンステーキだけあって残った骨がほんとうにTになっている!、と骨をパシャパシャと撮る日本人2人。不思議な光景だったでしょう。

d0090824_03574521.gif
d0090824_04024378.gif


[PR]
# by laperla616 | 2018-07-02 03:41 | Italia | Comments(0)

フィレンツェの朝

昨日はパリからフィレンツェに移動の日。
飛行機は1時間遅れで空港に着いて、友人たちが迎えに来てくれたので助かりました。
フィレンツェでは台湾人の友人夫妻の貸しアパートを借りました。とても素敵で、後ほどじっくり紹介します。

朝食用にと、パンにミネラルウォーター、トマトにモッツァレラチーズ、フルーツまで用意してくれていました。ピストイヤで買ってきたチョコレートまで!

d0090824_15544583.gif

パリでお土産にいただいたマドレーヌはなんとジンジャー入り!ジンジャーが甘さをスッキリさせて、むしろこっちの味が好きかも。帰国したら作ってみよう。

d0090824_15550628.gif

今朝は好きなもの尽くしのしあわせな朝食でスタート。
さあ、暑くなる前にジョギングに行ってきます。


[PR]
# by laperla616 | 2018-06-30 15:27 | Italia | Comments(0)

初めてのオペラ座

パリにはもう何度も来ているのに、オペラ座には一度も足を踏み入れたことはありませんでした。
オペラ座では何と言ってもバレエが観たい。でもバレエ公演はバスティーユの新オペラ座のみ、と聞いてあきらめていたせい。

今回のパリ、フィレンツェはひとり旅で、友だちと会う約束以外はその日に予定を考える気ままな旅。
せっかく1人だからしたいことをしよう、とふとオペラ座をチェックしてみると滞在期間中にバレエ公演がありました!

だんなさんがチケットを予約ついでにプレゼントしてくれて、ますます楽しみに。
早目に着いて近くのカフェでお茶を飲んでから向かいましたが、中にもバーらしきものがあったので次回来るときはぜひ中で雰囲気を感じたい。

時間までオペラ座内を見学すると、ベルサイユ宮殿さながらの豪華絢爛な世界に圧倒されます。

d0090824_15511360.gif

d0090824_15513323.gif

モデル張りの美女(脚長っ!)に撮ってあげるから私もとお互いに撮りあったり、日本人のご夫婦が写真を撮ってくださったのですが、1番鮮明なのが鏡に映った自撮りでした(笑)。
透け感のある花柄のワンピースに、ゴールドの靴を合わせて。しわがめだたなくて重宝している一枚です。

d0090824_15563641.gif

中にはTシャツで来る観光客らしき人もいますが、金髪のマダムが真っ白なミニドレスにサンゴの大振りなイヤリングを合わせていたり、背中がほとんど空いているブラックロングドレスをノーアクセサリーで着こなす若い女性と、適度にドレスアップした観客ウォッチングが楽しかったなあ。
最近のパリはほんとうにシンプルになってしまいましたが、やっぱりこの雰囲気はいいなあ。

今回の演目は農村で愛し合う2人が、さえないお金持ちに求婚されたり、母親の反対を乗り越えて結ばれるといったストーリー。
今まで観たのはクラシカルな演目がほとんどで新鮮でした。
分かりやすくて華やかで、オペラ座初心者にはぴったりだったかも。
驚いたのはカーテンコールでは観客がバシバシ写真を撮っていたこと。アナウンスも無く、咎められる様子も無いので私もしっかり撮りました。
何度も何度も出てきてくれてはコミカルな踊りを披露してくれて、敷居の高かったオペラ座がとても身近に感じました。

d0090824_16064000.gif

d0090824_16114390.gif

会場をでると9時を回っていましたが、夏のヨーロッパはまだまだ明るい。
残念ながらライトアップされたオペラ座は撮れませんでしたが、写真を撮りながら、次回も必ずバレエ公演を観に来ようと誓いました。
ほんとうに素敵なパリの夜!

d0090824_16101358.gif



[PR]
# by laperla616 | 2018-06-28 15:33 | 映画・舞台 | Comments(0)

久しぶりのパリ

久しぶりにパリにやってきました。
ギリギリまで仕事をし、義理の母の10日分の食事を作り終えて荷造りに取り掛かったのは、すでに日付けをまたいでいました。

ま、いっか、機内で爆睡すればいいもん。
そのつもりが、思いのほかエールフランスの機内映画が飛躍的に充実していて「リリーのすべて」に、「君の名前で僕を呼んで」、昔の「ダーティー・ダンシング」の3本を観てしまって、案の定なかなか眠れない・・・。
それでも快適なフライトになったのは昔からの旅の相棒のおかげ。
d0090824_02205229.gif
d0090824_04153581.gif

今回はひとり旅ということもあって、パリもフィレンツェもアパートを借りました。
パリのアパートから近い「Sentier」駅はどこにいくにも歩いていける場所に位置していて、しかも食のお店が充実しています。
レストラン、カフェはもちろん、メゾンカイザーのオーナーが修行したブーランジェリー、「エリックカイザー」に「PAUL」と、パン屋さんもかなりの充実ぶり。
日本でいう商店街のようにスーパーからチーズ専門店、イタリアン、中華のお惣菜屋さんに果物屋さんと、様々なお店がひしめき合っていつ見てもこの通りはすごい人です。
d0090824_03472308.gif

d0090824_03474718.gif

昔から夏にパリを訪れた際は必ず「アメリカンチェリー」を常備します。
小腹が空いた時や、喉を潤したい時に重宝するので、スーパーやフルーツスタンドで欠かさず調達します。

アパートの近くにも日本人が作る「ブーランジェリー・ドゥ・ニル」(パン屋さん)がありました。
クロワッサンとバゲットを買いましたが、両方とも小麦の味が濃くて美味しい!
サンドイッチも気になるので、明日の朝食用にジョギングがてら買いに行く予定。
d0090824_04112667.gif

ちなみに、今朝は歩いて18分の「マルシェ・クーベル・アンファン・ルージュ」に行きましたが、開場の8:30過ぎても空いてるお店は無し。そんなものなんだろうなあ、パリは。

ひとり旅は美味しいレストランに行きづらいところが唯一残念なところ。それだけに食が充実した環境は助かります。
今回はオペラ座から近いというだけで決めたアパートでしたが、次回もこの界隈で探したくなる魅力あるエリアでした。


[PR]
# by laperla616 | 2018-06-27 02:07 | 旅行 | Comments(0)


日々シアワセだと思うものについて
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
Kさんありがとうございま..
by laperla616 at 06:16
お久しぶりです 本当に..
by K at 22:37
> desire_sa..
by laperla616 at 18:46
こんにちは、 私もア..
by desire_san at 15:42
Kさんありがとうございま..
by laperla616 at 07:09
すごいこんな素敵なお洋服..
by K at 20:48
> Kさん ありがとう..
by laperla616 at 15:05
お誕生日おめでとうござい..
by K at 00:54
こちらこそよろしくお願い..
by laperla616 at 08:32
早速の返信ありがとうござ..
by あわたさちこ at 22:32
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧