FELICE



カテゴリ:旅行( 72 )


久しぶりのパリ

久しぶりにパリにやってきました。
ギリギリまで仕事をし、義理の母の10日分の食事を作り終えて荷造りに取り掛かったのは、すでに日付けをまたいでいました。

ま、いっか、機内で爆睡すればいいもん。
そのつもりが、思いのほかエールフランスの機内映画が飛躍的に充実していて「リリーのすべて」に、「君の名前で僕を呼んで」、昔の「ダーティー・ダンシング」の3本を観てしまって、案の定なかなか眠れない・・・。
それでも快適なフライトになったのは昔からの旅の相棒のおかげ。
d0090824_02205229.gif
d0090824_04153581.gif

今回はひとり旅ということもあって、パリもフィレンツェもアパートを借りました。
パリのアパートから近い「Sentier」駅はどこにいくにも歩いていける場所に位置していて、しかも食のお店が充実しています。
レストラン、カフェはもちろん、メゾンカイザーのオーナーが修行したブーランジェリー、「エリックカイザー」に「PAUL」と、パン屋さんもかなりの充実ぶり。
日本でいう商店街のようにスーパーからチーズ専門店、イタリアン、中華のお惣菜屋さんに果物屋さんと、様々なお店がひしめき合っていつ見てもこの通りはすごい人です。
d0090824_03472308.gif

d0090824_03474718.gif

昔から夏にパリを訪れた際は必ず「アメリカンチェリー」を常備します。
小腹が空いた時や、喉を潤したい時に重宝するので、スーパーやフルーツスタンドで欠かさず調達します。

アパートの近くにも日本人が作る「ブーランジェリー・ドゥ・ニル」(パン屋さん)がありました。
クロワッサンとバゲットを買いましたが、両方とも小麦の味が濃くて美味しい!
サンドイッチも気になるので、明日の朝食用にジョギングがてら買いに行く予定。
d0090824_04112667.gif

ちなみに、今朝は歩いて18分の「マルシェ・クーベル・アンファン・ルージュ」に行きましたが、開場の8:30過ぎても空いてるお店は無し。そんなものなんだろうなあ、パリは。

ひとり旅は美味しいレストランに行きづらいところが唯一残念なところ。それだけに食が充実した環境は助かります。
今回はオペラ座から近いというだけで決めたアパートでしたが、次回もこの界隈で探したくなる魅力あるエリアでした。


[PR]
by laperla616 | 2018-06-27 02:07 | 旅行 | Comments(0)

今回の旅でしたい5つのこと

だんなさんがたまったマイルをプレゼントしてくれて、6月のパリ、フィレンツェ行きの日程が決まりました。

ねこの通院や義理の母の食事の用意、7月に控えているワークショップやサルサの発表会と、諸事情が多すぎてのんびりとはいかないけど(笑)、それでも久しぶりのヨーロッパに期待が膨らみます。

考えてみたらまったくの一人旅は10年ぶり。
一人旅は美しい風景や、美味しい食事を誰かと共有できない寂しさはあるかもしれませんが、一人旅でしかできない楽しみ方、だんなさんや友だちに文句を言われずマニアックな楽しみがあるのもまた事実。

まずはフィレンツェの滞在を、台湾人の友人が購入した短期滞在者用の部屋で過ごすこと。
いわゆる「民泊」で日本ではオリンピックに向けて色々問題もあるようですが、考えてみればフィレンツェあたりはごくごく一般的。
特にフィレンツェでは市場で新鮮な野菜とチーズを買ってきて、時には絶品のキアニーナ牛のステーキを焼いたりする方がその辺のレストランで食事をするより美味しいこともあるので、フィレンツェにお越しの際は断然キッチン付きのアパート滞在をおすすめします。

d0090824_22375174.jpg

フィレンツェは友人たちに会うのは1番の楽しみですが、中でも夏になるとアルノ川で日焼けしているルチアーノに久しぶりに会いたい。

フィレンツェで修行させてもらう予定だったマーブル工房に突然断られて、やることが無くて毎日アルノ川をジョギングした後に下流で日焼けをしていました。
日本人で日焼けしにきたのはTOMOKOだけだよ!とイタリア人たちに大歓迎を受け、彼にイタリア語、フィレンツェのこと、イタリアの文化のことを色々教わりました。
中でもルチアーノにはバイクでキャンティにピクニックに連れて行ってもらったり、彼の奥さんも一緒にトスカーナで1番美味しいピザ屋さんに食べに行ったり、子どもがいない彼らはほんとうに私を可愛がってくれました。

当時メールを始めたばかりだったルチアーノはメールがちっとも書けず、もちろんSNSを駆使してる訳はなく、今では彼の近況を知ることはできません。
あの頃60過ぎだったルチアーノももう72歳。
今でもナポリ訛りで元気に日焼けしていることを期待して、いつもの場所に会いに行こう。
d0090824_22355443.jpg

パリ滞在も楽しみにしていることがあります。
まずはオペラ座でバレエ鑑賞をすること。
あれだけパリを訪れていながらオペラ座に足を踏み入れたことがありませんでした。
オペラ・ガルニエは基本的にはオペラ上演が多いようですが、たまたま滞在中にバレエ公演がある と知って思い立ちました。せっかくだからバスティーユの新オペラ座ではなく、本家のオペラ・ガルニエでバレエを楽しみたくて。

d0090824_22394380.jpg

2番目は今まで行ったことがない美術館を回れるだけ
回ること。
中でも「HERMES」のデザイナーだった、マルタン・マルジェラの展覧会が同時期に2カ所で開催されているのでぜひ行きたい。
たまたまマルタン・マルジェラの写真集を知ったばかりだったので向こうで探してくるつもり。
d0090824_22512188.jpg

イヴ・サンローラン美術館も興味津々だし、時間があればオルセー美術館にある、私がもっとも好きな絵を見に行くのもいいかも。

d0090824_22410462.jpg

3番目はモンマルトルやサン・ジェルマン界隈の生地屋さん、マレの手芸屋さん巡りをすること。
これは今までもしていましたが、洋裁を習っている今と昔では訳が違います。
自由が丘の輸入生地屋さんで見つけたものと同じ、もしくはそれ以上のサンゴの生地を見つけることも目的のひとつ。日本ではなかなかお目にかかれないサンゴ柄もパリでは見つかります。
もし見つからなかった時は自由が丘で買うつもりでいるけど、18,000円/1mはかなり勇気が・・・。
秋にはボタンを主役にした洋服を作ろうと考えているのでボタンもあれこれ買いたい。素材だけ揃えてあとは形、大きさがバラバラ、なんてボタンが並んだブラウスなんて素敵です。

見るもの、漂う空気さえ絵になるフィレンツェ、パリ。今回はたくさんのことを吸収できそうな旅になりそう。


[PR]
by laperla616 | 2018-04-05 21:44 | 旅行 | Comments(0)

どこかにマイルの行く先

どこに行こうか決まらない時は、運に任せてみるのも悪くない。
d0090824_23263964.jpg

そんな気分にしてくれたのがJALの「どこかにマイル」。
国内旅行はなかなか行き先が決まらなかったので沖縄が当たればラッキー!、その他の場所なら新しい発見があるはず。
クリスマスに行くのでさすがに北海道は避けました。アイスランドより寒いなんて言われたら思いっきり楽しめない・・・。

「山形」「大阪」「宮崎」「沖縄」の4ヶ所が候補に挙がって、私たちの行き先は「宮崎」に決定!
宮崎はお互いに訪れたことは無かったから、観光や美味しいものを存分に楽しんで来なくちゃ。



[PR]
by laperla616 | 2017-11-28 23:14 | 旅行 | Comments(0)

新しい旅のスタイル

だんなさんのアメリカとの往復生活が始まって、みるみるうちにたまっていくのが飛行機の「マイレージ」。

デルタ航空のように無期限のものもあれば、有効期限があるものも。
年内で切れてしまうものを航空券に換えることになったものの、石垣島に行きたかったけど、韓国、沖縄は今は行かない方が良いとなり、北海道は寒い・・・。そんな中だんなさんが見つけたのがJALの「どこかにマイル」。
d0090824_18585720.jpg

一か月前から予約受付し、その時点で行き先は不明。
受付後3日で行き先の連絡があるという。いわゆるミステリーツアー。
ま、そんなのもいいかな。なにせ行きたいところがある訳じゃないから、かえってドキドキする楽しみがあるかも。
だんなさんがクリスマス休暇で帰国後に出発するから、クリスマスイブから出かける予定。
クリスマスイブにミステリーツアーだなんて(笑)、それも私たちらしいのかも。
d0090824_18585888.jpg


[PR]
by laperla616 | 2017-09-27 18:41 | 旅行 | Comments(0)

夏の収穫

母のお誕生日で実家に帰って、まだまだ知らない佐渡の魅力も発見することができました。

「mikawa」に母のバースデーケーキをお願いして母とルリ子さんの少女のような笑顔が見られたこと、そしていつの間にかできていた「シネマカフェ ガシマシネマ」、シネマカフェがある通りがとても素敵だったこと、私が行ったことないところなどなど、楽しい発見が色々ありました。

「mikawa」のオーナーに誘われて訪れた「シネマカフェ ガシマシネマ」は、ミニシアター派の私にはたまらないところでした。
d0090824_14390655.jpg

今月は「ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります」を上映しますが、毎月映画愛の強いオーナーが選んだ新旧混在したセレクトはさすが。
平日はブックカフェ、週末はシネマカフェになる空間がそれはそれは見事で、みんなのため息が止まりませんでした。
d0090824_14390714.jpg

古民家に古い映写機、お庭の池に咲く蓮の花、思い思いの椅子に座って観られる映画スペース。どこをとっても、どこにもない、唯一無二の空間です。
d0090824_14390762.jpg

d0090824_14390891.jpg

d0090824_14390859.jpg

d0090824_14390991.jpg

来月はショートフィルムを上映する予定で、なんと、みなとみらいの「ブリリア・ショートショートシアター」に依頼しているそう!
佐渡で初めてのシネマカフェ。
気軽に色々な映画を楽しめる空間としてずっと続けていってほしい。そのために何か手伝えることがあれば協力したいなあと思いました。
d0090824_14391025.jpg

このシネマカフェがあるのは「京町通り」と言って、江戸時代に奉行所があったところ。
そのせいか、風情のある街並みにギャラリーやカフェが点在し、家と家の間には海が見下ろせて抜けるような空間が広がります。
レンガの塀が続いていたりと、初めて訪れる「京町通り」の魅力に一瞬にしてはまりました。
d0090824_14391043.jpg

海を見下ろせるカフェから眺める夕陽は、それはそれは美しいそう。次回だんなさんを連れて来る時は、絶対夕方に来よう。
d0090824_14391178.jpg

「京町通り」を後にすると、島の反対側にあるところへ。
古民家に宿泊できる施設だそうですが、残念ながらこの日は宿泊客がいない為、開いていませんでした。
中を見ることはできなかったものの、そこにたどり着くまでの道や町が私にとっては初めての場所で、みんなでたわいもない話で笑いながらドライブできたのはいい思い出になりました。
帰りに素敵なミニ写真集も見つけました。
幻想的な風景、よく行ったお寿司屋さんの大将、「T&M Bread Delivery Sado Island」の智子さんとマーカスさんなど、今の佐渡の魅力溢れる写真がいっぱい!写真好きなだんなさんにぴったりのお土産です。

まだまだ知らない魅力が隠れている場所。そんな風に隠されるとますます知りたくなってしまう。
d0090824_14391113.jpg


[PR]
by laperla616 | 2017-08-04 14:31 | 旅行 | Comments(0)

八ツ橋がすごいことに

京都の旅では十分にお土産を見て回れないながら、定番中の定番の「八ツ橋」が恐ろしく進化していてびっくり!
私が記憶しているのはニッキにせいぜい抹茶くらいですが、いまでは20種類くらいあるのでは。
d0090824_18560749.jpg

中でも気になったのは「マンゴー」と「ラムネ」。
見た目のかわいさはもちろん、想像を裏切る美味しさにまたまた八ツ橋に戻ってしまいそう。
d0090824_18560865.jpg


[PR]
by laperla616 | 2017-07-28 23:42 | 旅行 | Comments(0)

そうだ、京都に行こう

京都で開催中の「ー技を極める ヴァンクリープ&アーペル ハイジュエリーと日本の工芸ー」が8月6日まで、エルメス祇園店ざ7月31日まで、そしてフォーエバー現代美術館では「草間彌生展」と時期的に集中していたので、思い切って京都に行ってきました。

今回は日帰りのひとり旅。
ひとり旅ならではの自由気ままさで、この展示以外は行ってから行く先を決めることにしよう。

朝一番に着いて朝食をのんびりいただだくと、朝早くから開園している「無鄰菴」へ。
こじんまりとした庭園をのんびり眺められると、一度行ってみたかったところ。ひとり旅にぴったりです。
d0090824_18275027.jpg

緑が深まってきた夏の緑と苔、園内を流れる川のせせらぎが涼を感じさせるはずが・・・、蝉の声がすご過ぎて掻き消されていました(笑)。
d0090824_18275150.jpg

「無鄰菴」近くにある南禅寺内の「水路閣」にも足を延ばしてみました。
サスペンスドラマで犯人が捕まるシーンによく登場しますが、ふと覗いたら船越英一郎が出てきそう!、ドラマの見過ぎですね(笑)。
d0090824_18275172.jpg

d0090824_18275209.jpg

南禅寺の蓮の花も見事でした。
透けるような蓮の花びらを眺めていると、心穏やかに、洗われていくよう。
d0090824_18275293.jpg

「ヴァンクリーフ&アーペル ハイジュエリーと日本の工芸」は、それは見事なハイジュエリーが一つ一つショーケースに入っているため、あっと言う間に長蛇の列に。
すると周りで並んでいるご婦人たちが、ゆっくり見ているご年配のご婦人に文句を言い出してびっくり!
とはいえ、当のご婦人たちも自分たちの番になればかぶりつくようにじっくり見ていたり(笑)、ハイジュエリーと明治時代の超絶技巧の工芸品にゆっくり浸りたいところでしたが、すっかり気分が萎えました。
何をどこで観るかって大事だなあと実感。

途中、ゲリラ豪雨で1時間ほど足止めにあい、駅から遠いところはやめて予定を大幅に変更しましたが、フォーエバー美術館、エルメスともに祇園の同じ通りにあって助かりました。
d0090824_18275338.jpg

古い伝統を守りながらも、新しいものも受け入れる度量の大きさもある京都。
草間彌生も、エルメスもこぞって京都にやってくる理由がよく分かります。
日帰りひとり旅で今回は美味しいものを楽しむことは出来なかったけど、十分満喫できたひとり旅になりました。
d0090824_18275418.jpg

d0090824_18275462.jpg

エルメス祇園店
d0090824_18275546.jpg

d0090824_18423940.jpg


d0090824_18275530.jpg



[PR]
by laperla616 | 2017-07-28 21:42 | 旅行 | Comments(0)

ミステリードライブの行く先

だんなさんのお誕生日は行く先を告げないドライブで長瀞へ行きました。
でもナビが早々に行き先をアナウンスしてしまうわ、高速に怖気づいてだんなさんに運転してもらうわの、とほほなドライブに・・・。

そういう訳で、私の誕生日も当然ミステリードライブ(笑)。
自分で最初に企画しておいてなんだけど、行き先のわからないドライブっていや(笑)。ワクワクというより不安なドキドキです。

最終的に着いたのは茨城のメロン畑。
メロン狩りでした。
メロン生産量日本一の話をしたせい?それとも私がメロン好きだから?
d0090824_16243225.jpg

しかしここが凄かった!
2人で合計6個のメロンのお土産と試食付きです。もちろんマスクメロン!という訳にはいかないけど、食べ頃の甘いメロンでした。
メロン畑ってすごい。ごろごろ至るところに転がっていて選び放題です。
午後からJK(女子高生)200名がバスで来るそうなので、彼女たちの後でなくて良かった(笑)。
d0090824_16214959.jpg

d0090824_16215015.jpg

明後日までに食べ頃を迎えるメロンがほとんどとのことで、3つはご近所の方に。
それにしても美味しそうな匂いがします。
d0090824_16215194.jpg

足ばやにメロン狩を終えてメロンの試食。
もともと兄がメロンアレルギーで、父と母は1/4、私は半分食べていたので、半分でもペロリといけました。
売っているものとは甘さと濃さが全然違います!
d0090824_16215101.jpg

先にデザートを食べちゃいましたが、お昼は大洗町に移動して漁師飯を食べました。
既に行列が出来ていましたが、あっという間に店内に入ることができて、並んでから料理が運ばれてくるまでは30分弱でした。
大好物のえんがわは肉厚で、今迄食べた中で一番美味しくて大満足。美味しいおさかなを食べるためには港に行くのが一番みたいです。
d0090824_16215214.jpg

d0090824_16215252.jpg



[PR]
by laperla616 | 2017-06-03 15:30 | 旅行 | Comments(0)

旅するファッション

私にとってのファッションは自分らしさを正しく伝えるためのツール。
人見知りが激しい私にとって言葉ではなかなか伝えられず、営業やコンサルティングの仕事を通して学んだもの。特別お洒落が好きな訳じゃない。

旅先へは行き先と訪れる場所、それと一緒に行く人に恥ずかしいと思わせないことを考えて洋服を選びます。
敬虔な教会に肌を出した格好では行くべきではないし、素敵なホテルやレストランにはお店に敬意を表してお洒落をして行くなど、ほんとにシンプルなルール。

パリのリッツホテルの「ヘミングウェイ バー」へ行ったときのこと。
私も友人も確かワンピースを着て行きました。
肩のラインが美しい友人はノースリーブで、肩が出せない私は(笑)プッチのジャケットを羽織って。
窓際のいい席に案内してもらい、帰るまで私たちは素晴らしいサービスを受けて気分良く過ごしましたが、短パン姿で騒がしくしていたアメリカ人グループは遠い離れのような席に追いやられていたことを考えると、自分も相手も気分良く時間を過ごすためにお洒落は役に立つことを実感。

今回は寒い時期のアメリカだったので、防寒が最優先。
とはいえ、せっかく寒いところへ行く時は寒さを、暑いところへ行く時は暑さを楽しみたい。

だんなさんにあまり派手な色は着ないようにと釘を刺され、黒とグレーを基調にしました。
防寒の中にもミンクのイヤーマフをアクセントに、のはずが、デトロイトもニューヨークも日中の気温は連日16℃!仕方ないので早朝の暖炉が付いている時にパチリ。
d0090824_00190509.jpg

デトロイトでは暖かい格好を、ニューヨークには飛行機の移動も考えてシワにならないPUCCIのスカートにしました。
そしてこの旅では黒のショートブーツ一足で通しましたが、このショートブーツとPUCCIのスカートはどこに行っても褒められました。
d0090824_00190696.jpg

ニューヨークの空港の手荷物検査では、検査官がスカートが素敵だから通っていいよとノーチェック(笑)。
MOMAの警備員から車イスの年配の女性まで色々な人に声をかけてもらって、私もたくさんありがとうと笑顔で答える、ステキなコミュニケーションが取れました。
片言の英語しか話せない私だからこそ、ファッションの力を借りてコミュニケーションするのって悪くないはず。
d0090824_00190678.jpg

[PR]
by laperla616 | 2017-02-26 11:40 | 旅行 | Comments(0)

デルタ航空の魅力

今までは海外へ行く時の飛行機といえば、エールフランスひとすじでした。
エールフランスは機内のドリンクにシャンパンがあったり、ハーゲンダッツのアイスやカップヌードルなどのおやつが豊富。普段だったら食べないものも機内では食べたくなります。これがまた美味しくて(笑)。

今回はだんなさん御用達の「デルタ航空」。
正直それほど期待していなかったけど、今ではヨーロッパ以外はまずはデルタ航空のフライトを探したい。
何が素晴らしいって映画のセレクションが秀逸なこと。
d0090824_21210798.jpg

今回のフライトで観た映画は往復で6本!
『インフェルノ』、『Dr.ストレンジ』、『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』、『ミス・ペルグリンと奇妙なこどもたち』、『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』、『ヨーヨー・マと旅するシルクロード』。
こんなラインナップ、普通だったらまず機内で観られないでしょう。

もともと観る予定の『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』と『ミス・ペルグリンと奇妙なこどもたち』は、予想以上に良かった。
『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』は、19歳で英ロイヤル・バレエ団の史上最年少プリンシパルとなったセルゲイ・ポルーニンのドキュメンタリー映画で、行き帰りで観たほど。
全身にタトゥーが入りながらも、卓越した表現力と高いジャンプはただただ美しい。
日本では7月公開予定なので何度も観に行きそう。
d0090824_14164429.jpg

d0090824_14164593.jpg

『ミス・ペルグリンと奇妙なこどもたち』はティム・バートン監督らしい作品で、特に新ミューズのエヴァ・グリーンが美し過ぎました。
d0090824_21210851.jpg

日本〜アメリカ間は私一人。
退屈だったらどうしようと心配していましたが、長時間のフライトがあっという間で良かったような、寝るどころじゃなかったので困ったような。
とにかく楽しかったフライトで良かった、良かった。
d0090824_21210827.jpg


[PR]
by laperla616 | 2017-02-25 12:58 | 旅行 | Comments(0)


日々シアワセだと思うものについて
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
Kさんありがとうございま..
by laperla616 at 06:16
お久しぶりです 本当に..
by K at 22:37
> desire_sa..
by laperla616 at 18:46
こんにちは、 私もア..
by desire_san at 15:42
Kさんありがとうございま..
by laperla616 at 07:09
すごいこんな素敵なお洋服..
by K at 20:48
> Kさん ありがとう..
by laperla616 at 15:05
お誕生日おめでとうござい..
by K at 00:54
こちらこそよろしくお願い..
by laperla616 at 08:32
早速の返信ありがとうござ..
by あわたさちこ at 22:32
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧