FELICE



カテゴリ:ダイスキなもの( 133 )


おめでとう金メダル、銀メダル!

やっぱり冬季オリンピックの主役だと改めて感じた男子フィギュアスケート。

録画予約をしてフランク・ホーヴァット写真展を観に銀座まで行ったのでオンタイムでは結果が分からずにいました。
帰る頃に数寄屋橋交差点で拡声器で叫ぶ声が聞こえたので見てみると、号外を配ってる!ということは日本人選手金メダル?
欲しくて人だかりに向かうと羽生くんが1位、宇野くんが2位と日本勢がワンツーフィニッシュだなんて‼︎
号外欲しかったな・・・。でもあんな人だかりでしかもTV局のカメラが何台もその様子を撮っていたので、号外はもらえないわ、アホヅラをした顔で欲しい、欲しいと映ったりしたらかなわないと早々に退散しました。
帰って録画観よう。
それにしても2人とも本場で持てる力の全てを出せるなんて、日本人選手もタフになったなあ。

伊藤みどり選手に始まりあれほどフィギュアに夢中だったのに、ぱたっと書かなくなったのは高橋大輔選手が引退したこともあるし、四回転ジャンプが当たり前になって得点をあげるためのプログラムにシフトして、見せるためのスケートでは無くなってきたから。

四回転を量産したり、ロシアの女子のように前半はステップのみ、加点がつく後半にジャンプを集中させるなんて見ていてしらけてしまう。
最後のステップが楽しみの一つだったのに、高橋大輔くんのような見ている誰もが惹きつけられる魅力的なステップはもう見られないのかな。
とはいえ、宇野くんが大輔くんの路線を継承しているようで、彼がどんな選手に成長していくのか楽しみです。

個人的にはアダム・リッポンとハビエル・フェルナンデスが楽しみでした。
得点だけではなく、自分を表現することに全力を尽くした、芸術性の高い彼らのスケーティングは、美しくてうっとり。
d0090824_20350451.jpg
d0090824_20415506.jpg
ああ、アダム・リッポンがかわいすぎる。
できることならあの巻き毛姿をもう一度見たい(笑)。
d0090824_20432106.jpg
d0090824_20285210.jpg
d0090824_20290520.jpg



[PR]
by laperla616 | 2018-02-17 19:35 | ダイスキなもの | Comments(0)

雪の日の楽しみ方

今日は前々から雪の予報。
首都圏では雪が降ると交通機関が麻痺して混乱するけど、雪の日には雪の日の楽しみ方があるはず。
d0090824_23014837.jpg

防寒も必要だけど雪の日のおしゃれもね、ということで雪が降るとかならずひっぱり出すスカーフがあります。
この時のコレクションがツボでツボで、全部買い占めたかったくらい。
もちろんそんなことは無理に決まっていて、でもどうしても一枚に選べなくて色違いで買いました。
トレンチのベルト代わりに、カゴバッグに結んで、と雪の日限定のおしゃれです。
d0090824_22513469.jpg

今年は雪の結晶のブローチと一緒に。
ブローチが引き立つようにシンプルに首に巻きました。ブローチの水色とスカーフの水色がリンクしてまるでお揃いみたい!
このブローチはSWANYでご一緒するマダムにクリスマスプレゼントにいただいたもの。
手作りブローチです。正確に言うと彼女のご主人が作ったブローチ(笑)。

寒くてもウキウキしちゃうアイテム。
ステキな長靴と傘、そしてこんなアイテムがあれば雪の日がもっと楽しくなる。
d0090824_22530631.jpg


[PR]
by laperla616 | 2018-01-22 20:50 | ダイスキなもの | Comments(0)

クリスマス前のお買い物

毎年この時期は、駆け込みで来年のクリスマス用の買い物に奔走します。

今年用のクリスマス装飾は9月の展示会で買って、足りない分を伊勢丹やLIVING MOTI Fで探して補っていましたが、今年は友だちから教えてもらったり、インスタで見つけた「seria」や「ニトリ」、「Flying Tiger Copenhagen」のオーナメントをGETするためにずいぶんと走り回りました。

いやー、安さとかわいらしさにただただ絶句するばかり・・・。
特に「Flying Tiger」のオーナメントは発色、デザイはずば抜けていて、車のオーナメントや右の赤いボールはサンタさんの衣装のベルトだったりとユーモラス。あ、中央の気球でやっと200円なんですから。
 もう、買い物中の私はアドレナリン大放出状態で我を忘れてます。我を忘れてもここなら安心。気兼ねなく買えます。
ああ、364日クリスマスの準備ができたら、というくらいクリスマスの準備がたまらなく好き。
d0090824_22442043.jpg

車のオーナメントはすでに行き先が決まっていて、友だちのおちびちゃんのクリスマスプレゼントに添えるつもり。
小学校に上がるくらいまでは喜んでツリーに飾ってもらえるかな。
d0090824_22173884.jpg

d0090824_22182011.jpg

来年は9月の展示会と並行してこの3店も早めにチェックしなくては。
気軽にクリスマスの準備ができてぜひぜひおすすめです。


[PR]
by laperla616 | 2017-12-15 23:17 | ダイスキなもの | Comments(0)

「COS」の魅力

気づいたら洋服作りを習い始めて8年が経っていました。
少しずつ新しいことにチャレンジして大抵の洋服は作れるようになっても、絶対に作れないのが構築的なデザインの洋服。
パターンの知識が無いからこそ、構築的なデザインは感動してしまいます。

グランメゾンが作る洋服の素晴らしさは誰もが知っています。
とはいえ、日々作業をして合間に映画を観たり、ジムに行く今のライフスタイルではグランメゾンの洋服は出番が無いので、十分の1の値段で手に入る「COS」がぴったり。
d0090824_23514277.jpg

「H&M」のお姉さんブランドはとにかくフォルムが素晴らしくて、あのフォルムやデザインをあのプライスで買えるのがすごい。
洋服に対してバッグは金具が目立たない、究極のシンプル。タイツやアクセサリーも充実していて優秀。

このタイツの色伝わりますか?
フォレストグリーン、森のグリーンですよ。ウールのタイツでこんな微妙な色が見つかるなんて!
全身黒の時にタイツだけグリーンなんて素敵だし、グレーや紺、こんなキャメルにもぴったりです。
銀座店にはわずかながら子供服もあって、特に女の子の洋服は私も着たいくらいのデザイン、色が見つかります。
子供がいたら真っ先にCOSの洋服を着せるなあ。
d0090824_11410152.jpg

ベロア好きにはたまらないベロアのジャンプスーツは、着る前からカッコいいに決まってる!というシルエット。ワンサイズ小さいものを試着したら、お直しが全くいらないパーフェクトでした。
ファスナー部分が少し伸びていて諦めましたが、ベロアを縫うのは最も難しいよね、うんうん。
でも・・・、来て行くところがやっぱり無いかなあ。
d0090824_23483411.jpg





[PR]
by laperla616 | 2017-12-08 22:04 | ダイスキなもの | Comments(0)

浅田真央展@横浜高島屋

横浜高島屋に北海道展を覗きに行くと、同フロアで「浅田 真央展」をやっていました。
無料だったのでのぞいてみることに。
d0090824_18520039.jpg
12歳から今年4月に引退するまでの衣装や映像を見ることができました。
私は少し前の「伊藤みどり」の時代からフィギュアスケートが大好きで、長く日本人は体型的に大きなハンデを背負ってきた中、手足がすらっとした、妖精のような真央ちゃんの登場は衝撃でした。
天真爛漫な真央ちゃんはかわいかったなあ。
d0090824_18511690.jpg
ある時を境に真央ちゃんから天真爛漫な笑顔が消えて、シリアスな表情が目立つように。それ以来、私は真央ちゃんのスケートを見ることが辛くなりました。
本来ならばわくわくしながら演技や衣装を楽しみたいところ、真央ちゃんの時は重い、重い3分間。
可憐な真央ちゃんにロフマニノフの重厚な曲はほんとに合っていたのかな。
もしもロフマニノフを選ばなければオリンピックでメダルは取れなかった?今でも疑問に思います。

引退会見の真央ちゃんは清々しい表情。
やっと本来の真央ちゃんに戻れたかのようでした。
会場は大勢の来場者で賑わっていました。
日本中に感動をありがとう。そしてお疲れ様。
d0090824_18525384.jpg




[PR]
by laperla616 | 2017-10-21 18:17 | ダイスキなもの | Comments(0)

大切な相棒

私の20年来の相棒「プジョー」。
中目黒や池尻大橋に住んでいた頃は六本木や新宿、東銀座まで自転車で行ってました。

横浜に移ってからはスポーツジムに行くため横浜駅はもちろん、一度は鎌倉まで行ったことも!
ガンガン乗っているからかなり年季が入って、カゴを大きなバスケットに変えてからはハンドルがガタガタしたり。酷使してますね。

秋の花を植えようと元町のお花屋さん「パ・ド・ドゥ」へ。
「パ・ド・ドゥ」の前に停めると、まるでパリの街並みに停まってるみたい(笑)。
くたびれたプジョーもなんだか素敵に見えてくるのも不思議です。
d0090824_11303217.jpg

「数珠ローズ」と、白いまん丸な花に赤紫の葉が印象的な「千日紅」を買って、玄関前のアプローチに植えました。
来年の課題は「庭を整える」。
そのためにもまだまだプジョーには頑張って運んでもらわないとね。
d0090824_11361733.jpg


[PR]
by laperla616 | 2017-10-11 10:59 | ダイスキなもの | Comments(0)

EQUIPMENT(エキプモン)に夢中

「愛しのEQUIPMENT エキプモン」を以前書きましたが、その記事を読んだだんなさんがアメリカで探してきてくれました!なんてできただんなさん・・・。
d0090824_21301348.jpg

ああ、このエスプリがたまらない。
そしてエキプモンのXSはほんとにサイズ感がぴったりで、メンズライクで女性っぽいところがいい。
25年前も、今も同じくらい好き。そしてこの先も間違いなく好き。

ただ・・・、この写真を撮ってもらった足でご近所さん宅に行ったら、すかさず、あら?と言われました(笑)。
目が悪いと本物だと思われる可能性大です。
d0090824_21301406.jpg

[PR]
by laperla616 | 2017-09-11 21:17 | ダイスキなもの | Comments(0)

愛しのEQUIPMENT エキプモン

どんなに流行が変わろうとも、私の中にはぶれない「軸」のようなブランドが二つある。
一つは「Emilio Pucci(エミリオ・プッチ)」、もう一つが「EQUIPMENT(エキプモン)」。
エキプモンはフランスでスタートし、1度途絶えてしまった後にニューヨークで再スタート。
袖を通した瞬間に背筋が伸びる、そんなシャツのブランドです。

21歳の誕生日のこと。
車で青山の骨董通りにあったエキプモンの前を通った時、友だちたちがサプライズでエキプモンのグリーンのシャツをプレゼントしてくれました。
シルクのてろっとした落ち感と、体が泳ぐようなメンズライクなサイズのシャツは当時の私には大人っぽくて、着るたびにときめいていた記憶があります。

当時憧れていた熊倉 正子さんがPRされていたこともあって、すぐにエキプモンのシャツの虜になりました。
この写真で熊倉さんが着ているシャツも確かエキプモンでは⁉︎
d0090824_02285200.jpg

パリに行く度に一枚ずつ買い集めました。
淡い水色のシルクにチョコレートブラウンの総レースのシャツ、ヘビ柄にピスタチオグリーンのベロアのシャツなどなど。古い建物が建ち並ぶサンジェルマン通りで、真っ白な、コクーンというか、白い洞窟のような店内。ハンガーにかかったシャツがラックにズラリと並んでいる。パリらしい、華やかなものが求められる当時に、この美意識の高さは多いに刺激を受けました。
一枚、一枚の完成度が高くて、ちょっとした場に着て行っても恥ずかしくないエレガントさを持ち合わせていたのがエキプモンのシャツ。
何年か前に再スタートしたと知った時はうれしくて、うれしくてたまりませんでした。
シャツのサイズが細身になったり、ワンピースもあったりと、デザインのバリエーションが増えてますます洗練された感じ。
d0090824_02225050.jpg

そんな中、たまらない一枚を発見。
サラリーマンの男性たちは絶対着てはいけないシャツ(笑)、でも女性にとってはたまらなくチャーミング!
日本では見かけないけど発売されるのかな?いや、発売して欲しい!
こんなエスプリがたまらなく愛しいと思ってしまうのです。
d0090824_02225012.jpg


[PR]
by laperla616 | 2017-08-09 01:35 | ダイスキなもの | Comments(0)

Cloudy Day

関東も梅雨入りして今日もどんより雲。一雨きてもおかしくないような空模様です。
d0090824_14515383.jpg

そんな日のお茶には「東 一仁さん」のウンリュウ皿がぴったり。
ターコイズブルーのお皿はチャレンジでしたが、意外に乗せるものを問わないよう。
キン斗雲のような、「空から日本を見てみよう」のくもじいのような(笑)、なんとも愛らしいお皿です。
d0090824_14515300.jpg

乗せたのは「and Bake」のアイシングクッキーと、香川の友人からもらった「かけら」という名のお菓子。
鉱物のかけらのような、氷のかけらのような、この透明感が梅雨時らしい。
爽やかな一品。いや二品です。
d0090824_14515435.jpg


[PR]
by laperla616 | 2017-06-07 14:41 | ダイスキなもの | Comments(0)

色褪せない魅力

今年の春は忙しくてできなかったこと、後回しになっていたことを片づけています。

その筆頭が「断捨離」。
これはしないと離婚されてしまうんじゃないかと言うほどの優先事項(笑)。
とは言っても、仕事や洋裁関係の物が多い私にとって乱暴にどんどん捨てるわけにはいかないので、一つ一つのものに「住所」を与える「揃える収納」から進めています。
人が見たら十分色褪せている物でも私にとっては「思い入れ」が詰まってたりする訳で、時間があるからこそのスローペースな「断捨離」です。

「色褪せない物」はいくつかありますが、何度整理しようとしても必ず生き残るものがこの2枚のニット。
決して高価なものではないけど、ファストファッションのように安くはなかったなあ。
今のようにシンプルで上質なものか、ファストファッションの二極化が進んでいない、ファッションが楽しかった頃のものは色やデザインが秀逸です。
d0090824_09024632.jpg

カーディガンはすっかりへたってぺらぺらになってしまいましたが、アンティーク調の組み合わせとポピー柄がなんとも私らしい一枚。
買ったお店は今では無地のシンプルなものばかりで、この手のニットはまず見つからないのが残念。
d0090824_09024739.jpg

ピンクのニットはフィレンツェで最初に住んだアパートの近くで買ったもの。
ひと目見た瞬間に、「マリオ・ジャコメッリ」のIo non ho mani che mi accarezzinoil volto(私にはこの顔を撫でてくれる手がない)を思い出しました。
修道士が輪になって踊っているモノクロの写真ですが、これは多分それの修道女版。そのウィットに富んだデザインに思わずクスッとした1枚です。
d0090824_09024765.jpg

きっとあの頃のように戻ることはないから、この色褪せない魅力はずっと残しておきたい物。
って・・・、断捨離完了までの道のりが長い気がしてきた(笑)。
d0090824_09024839.jpg


[PR]
by laperla616 | 2017-04-26 08:20 | ダイスキなもの | Comments(0)


日々シアワセだと思うものについて
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
> desire_sa..
by laperla616 at 18:46
こんにちは、 私もア..
by desire_san at 15:42
Kさんありがとうございま..
by laperla616 at 07:09
すごいこんな素敵なお洋服..
by K at 20:48
> Kさん ありがとう..
by laperla616 at 15:05
お誕生日おめでとうござい..
by K at 00:54
こちらこそよろしくお願い..
by laperla616 at 08:32
早速の返信ありがとうござ..
by あわたさちこ at 22:32
あわた さちこ 様 はじ..
by laperla616 at 13:51
Kさんありがとうございま..
by laperla616 at 07:10
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧