FELICE



<   2018年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧


しあわせなモーニング@果実園

納品で白金に行く際に時々寄っていた「果実園」。
大抵並ばなくちゃいけないから、果実園が空いてる時間帯をめがけて納品のアポを取るほど。

それがみなとみらいのランドマークプラザにオープンして、本店同様モーニングから楽しめます。それも並ばずに!
いちごの照明がかわいいなあ。
d0090824_22241382.gif

朝からフルーツサンドや、フルーツが溢れて姿が見えないほどのパンケーキが食べられるのは至福のひととき。
ステキな1日のスタートになりました。
d0090824_22281659.gif
d0090824_22284265.gif



[PR]
by laperla616 | 2018-07-30 22:06 | レストラン・Bar | Comments(0)

ナポリタンマイスターへの道

ナポリタンマイスターへの道

ナポリタン学会で正しいナポリタンを作り方を教わって以来、家で作ってはセンターグリルで味を確かめる、これを何度も繰り返しています。

d0090824_06530892.gif

しばらくバタバタしてご無沙汰していたので久しぶりにセンターグリルに行ってびっくり!

d0090824_06520409.gif
d0090824_06532439.gif

洋食屋さんからカフェになってるし。
味や銀の皿は変わらないのに、ナポリタンの背景が違う。個人的な意見としては洋食屋さんの風情が好きかなあ。

d0090824_06524745.gif


[PR]
by laperla616 | 2018-07-28 20:03 | レストラン・Bar | Comments(0)

パーフェクトなオーダー

馬車道の「ラ・テンダ・ロッサ」は、旬の食材を美味しく食べられるイタリアン。横浜ではもう名店ですね。
d0090824_16363575.gif

夏のイタリア料理は特に美味しい気がします。
私が好きなイタリア野菜や、旬の食材を美味しく食べられるレストランですぐに頭に浮かんでくるのがこちら。

洋裁仲間のマダムの快気祝いを兼ねたこの日の夜は、一段と美味しそうなメニューばかり!
ここは食いしん坊の腕の見せどころとばかりに、ズッキーニの花と、とうもろこしと生クリームのピザ、ボンゴレに にじますのソテーと夏全快のメニューです。
ズッキーニごと売っているタイプは花自体はずいぶん小ぶりですが、ズッキーニも新鮮で安定の美味しさです。
ボンゴレは唸る美味しさ!
まさに、フォルテ・ディ・マルミの海沿いのレストランで食べたボンゴレそのもので、マダムたちもしきりに美味しい、美味しいと感動が止まらない様子でした。

d0090824_16353264.gif

d0090824_16361690.gif

d0090824_16425790.gif

d0090824_16432949.gif

デザートは桃のコンポートを。
このコンポートは、火を通さずに真空圧でコンポートにしているので生の桃よりフレッシュな美味しさです。美味しい食材をより美味しくするなんて、ちょっと罪な一品です。
マダムたちのオーダーしたセミフレッドは速攻で食べられてしまったため、写真は撮れませんでした・・・。
いやー、今回の選択は我ながらパーフェクトでみんなも満足、私も満足。

d0090824_16463159.gif

[PR]
by laperla616 | 2018-07-27 16:25 | 美味しい♪ | Comments(0)

「ワンダー 君は太陽」@横浜ブルク13

公開直後に観ていた「ワンダー 君は太陽」。
久々のひとり旅直前でバタバタしていたせいか書き忘れて、早1ヶ月以上経ってました。

d0090824_07103756.gif

生まれつきの障害で何度も手術を繰り返してきたオギー。
他の子供とは少し違った容姿のせいか、学校には通わずに母親が先生となって自宅学習の日々。10歳で初めて小学校に通い始めますが、容姿のせいでいじめられる。
母と自宅で伸び伸びと勉強し、大好きな空想の世界に浸れた生活から一変して、学校で子供たちのあまりにストレートな好奇心の目に晒され、胸を傷める日々が続きます。
自分を守る術として、お誕生日にもらった宇宙飛行用のヘルメットを被る姿が不憫というか、愛おしいというか。
それでも絶対的な家族の愛に支えられてオギーは少しずつ変わってヘルメットの存在を忘れていき、そして周りの子供たちも変わっていく。

d0090824_07050999.gif

自宅学習ながらも優秀だったオギーは理科の発表会で一躍人気者になり、終業式ではみんなに最も影響を与えた生徒として表彰されるまでに成長していく物語。
ハンカチが足りなくなるほど涙が出ながらも、オギーとジュリア・ロバーツ演じる母親が素晴らしくて、いつしか喜びの涙に変わっていきます。

d0090824_07110619.gif

もちろんオギーは特殊メイクを施した普通の少年が演じているのはわかっていても、実話を基にした映画だけに実在のオギーとしか思えない演技に驚愕です。

d0090824_07042056.gif

何があっても、どんな困難にぶつかっても誰かの愛に支えがあれば乗り越えられる、愛って何よりも強いことを改めて教えてくれた映画でした。

d0090824_07140439.gif

[PR]
by laperla616 | 2018-07-25 23:48 | 映画・舞台 | Comments(0)

毎日サマードレス

今年の夏はパリ、フィレンツェ行きがあったので、サマードレスをたくさん作りました。

夏は特に日本とヨーロッパでのファッションに差を感じます。
日本は細部にまでこだわった完成度の高い洋服が多く、ヨーロッパはもう少しラフ。
だから生地が華やかなときはデザインはシンプルに、生地がシンプルなときはデザインに凝る、が私の考えるヨーロッパの街並みに馴染むファッション。
あとは手元やネックレスと普段付けないアクセサリーをたっぷりつける分、デザインはシンプルにするとか。
旅行用にと作りましたが、この溶けるような暑さでは普段もサマードレスが大活躍。早めに作っておいて正解でした!


グレーの濃淡にシルバーラメのラインが入ったサマードレスは、デザインは子供の頃に着たような、至ってシンプルなもの。
それでも帽子をかぶってサンダルを合わせると大人でも着られます。実は着心地の良さで一番着ているかもしれません。
d0090824_21405655.gif
d0090824_01212291.gif

特に好んで作るのはリネンのワンピース。
一昨年は細身のブラックワンピースを作ったので、今年は真っ白にしました。
リネンの中でもかなりシワになりやすいのでさすがに今回の旅行には持っていかなかったけど、とりあえず今日は成田空港にだんなさんを見送りに。
ああ、これ着て海に行きたいなあ!

d0090824_22131699.gif


[PR]
by laperla616 | 2018-07-20 20:44 | 手作り | Comments(0)

これだからサルサはやめられない!

三連休の最終日は去 通っているジムのダンスの発表会。
各店舗のキッズのバレエ、ヒップホップにチアダンスに始まり、大人のタヒチアンダンス、バレエ、フラに太極拳と、バラエティに富んだダンスが楽しめます。

去年の9月からサルサを習い始めて、人前で披露するのは昨年末のクリスマスパーティーに次いで2回目になりますが、もともと極度のあがり症で人前に立つこと自体苦手。
今回も参加しないつもりだったのに、ビリー先生は有無を言わせません。
昔ちょこっとだけ習ったサルサをもう一度やりたいな、といった程度だったのが、今ではすっかり生活の一部になっています。

「マイアミ・サウンドマシーン」は高校生の頃大好きで、今回は彼らの代表作の一つ『コンガ』を踊りました。
ラテンのリズムとキレッキレのサウンドはダンスにぴったりで、6月で終わってしまった「ワールド オブ ダンス」でも、『コンガ』のリズムに合わせて踊るラテンチームダンスは圧巻!

一緒に踊る仲間は私よりひと回りもふた回りも上のマダムたちですが、みなさんお若くて、いつもパワーをもらいます。
なかなか揃わなくて苦労もしましたが、本番当日はいつもの何倍も良い出来で緊張することも無く、楽しんで踊れたことが1番。これは全てビリー先生のおかげです。
プロフェッショナルなビリー先生の指導を受けられる幸運に何より感謝しなくてはね。

d0090824_22093408.gif

着替えやすいように作ったサマードレスのテーマは、「海水浴のタオルドレス」。
それでも雑貨店で見つけたインド製のリボンをポイントにして、少し華やかにもしました。
何かある時にお守りがわりに付ける「バナナ・リパブリック」のおもちゃネックレスも付けて。

d0090824_22164631.gif

d0090824_22173676.gif

d0090824_22192467.gif

発表会終了後はブラジル料理の「RIO GRANDE」で打ち上げでした。
みんな多少なりともこの日の為にダイエットをしていたので、今夜はブラジル料理のブッフェとシュラスコを心ゆくまで楽しみました。

d0090824_22075587.gif

ブラジル人のビリー先生がいたこともあって、サンバの演奏では大盛り上がり!演奏していたトリオが私たちのところで特別に演奏してくれたりと、サンバが少しでも踊れていたらきっとみんなで踊っていたでしょうね。
ダンスの仲間ってサイコー!

d0090824_22084178.gif

来週からはクリスマスパーティーの発表会に向けて次の練習がスタート。
そしてさらにスキルアップするレッスンにも誘われていて、来年早々に発表会があるとか無いとか。
発表会に向かって日々練習する生活なんて1年前は想像もしてなかったけど、この歳でサルサに目覚めたのはまだまだ変われるチャンスをもらったよう。
さあ、次回はどんなダンスかな。


[PR]
by laperla616 | 2018-07-16 23:12 | ダイスキなもの | Comments(0)

横浜は洋食がお好き「洋食のキムラ」

だんなさんが夏季休暇で一時帰国したので、久しぶりに「洋食のキムラ」へ。
小さい頃に一筆書きで書いたことがあるようなお店の看板。いつ見てもふふっと笑ってしまいます。

d0090824_17545835.gif

d0090824_17592840.gif

お客様の90%はオーダーするハンバーグは昔なつかしい味。メニューを見るまでもありません。
いつ行っても変わらない味があるのはやっぱり嬉しいようで、だんなさんも義理の母も美味しい顔してます。

美味しいものってずるい。カンタンに人を笑顔にしてしまうもの。

d0090824_17541437.gif


[PR]
by laperla616 | 2018-07-15 17:36 | レストラン・Bar | Comments(0)

アーティフィシャル ベジタブル フラワー ブーケ

今回のパリではランジス市場に出向いて仕入れるつもりでしたが、中心地から離れているため半日以上潰れてしまうことと、前回行った時に使いたいアートフラワーが無かったのがネックで、結局行かずじまい。

それでもマレの「Merci」で珍しいアートフラワーを見つけました。なんと「スナップエンドウ」がたわわに実っています。
夏野菜のアーティチョークを組み合わせよう。あとはシチリアレモンや、ベリー系と一緒に束ねたら夏らしいベジタブルフルーツブーケの完成です。

d0090824_21263129.jpg

スナップエンドウがぷっくりして美味しそうなこと!
花だけが季節をあらわす代名詞じゃないってこと、このブーケが教えてくれました。

d0090824_21442245.gif

[PR]
by laperla616 | 2018-07-11 21:03 | | Comments(0)

I LOVE YOU

I LOVE YOU.

学校で「私はあなたを愛しています」と習ったことばが、人によって解釈が違うって考えたこともなかった。
その昔、夏目漱石は「月が綺麗ですね」と訳したという逸話が残っています。二葉亭四迷は「わたし、死んでもいいわ」と訳したそう。

昔何度かライブを観に行った「東京スカパラダイスオーケストラ」。
当時はあまりにメンバーが多くて一人一人の顔はよく分からなかったけど、何年か前のEXILEのPVで見かけた男性が「東京スカパラ・・・」の谷中 敦。

d0090824_00185434.gif

昔の上海?を舞台に、谷中敦と美波のほんの何分かの映像がそれは美しくて、PV見たさに何度も見た記憶があります。
日本人でこんなセクシーな男性がいたなんて! 
誰かがサックスを吹く男性はセクシーだと言ってたけど、まさにそう。
ああ、私はやっぱり楽器を演奏する男性が好き。

d0090824_00184080.gif

そして彼の「I LOVE YOU」がこれ。
「もう 後には戻れないな」
そんな風に言われて恋に落ちない人いるかしら?、いないでしょう(笑)。このセンス、ますます日本人じゃない。
私の「I LOVE YOU」とは?
あなたの「I LOVE YOU」は?

d0090824_07232756.gif

[PR]
by laperla616 | 2018-07-05 23:51 | 心に残った言葉 | Comments(0)

最後の晩餐

今夜は、今回部屋を借りた友だち夫妻の家でディナーをご馳走に。
ボローニャに住むエミリオのお姉さんも一緒に、友だちがパスタからデザートまで、サラダはエミリオが作ってくれて、それはそれは素晴らしいディナーでした。
d0090824_05023067.gif

エミリオは南イタリアはカンパーニャ地方出身。
山の中にある彼の家の写真を見せてもらいましたが、とても趣味の良い、ステキなお家。家も庭もご両親が丁寧に手を掛けているそう。
エミリオはデザインの仕事、お姉さんのニーナは建築家なのも環境が影響しているのかも。

今回のフィレンツェ滞在がとても快適だったのは全て2人のおかげです。
大好きなサンタンブロージョ市場やドゥオモから近くて、これ以降フィレンツェに来るときはこの部屋以外考えられないほど。
明日帰国しますが、パリでもフィレンツェでも友人たちのおかげで充実したひとり旅になりました。
思い残すことはまったく無し。明日からまたがんばろう!

[PR]
by laperla616 | 2018-07-03 04:41 | Italia | Comments(0)


日々シアワセだと思うものについて
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
Kさんありがとうございま..
by laperla616 at 06:16
お久しぶりです 本当に..
by K at 22:37
> desire_sa..
by laperla616 at 18:46
こんにちは、 私もア..
by desire_san at 15:42
Kさんありがとうございま..
by laperla616 at 07:09
すごいこんな素敵なお洋服..
by K at 20:48
> Kさん ありがとう..
by laperla616 at 15:05
お誕生日おめでとうござい..
by K at 00:54
こちらこそよろしくお願い..
by laperla616 at 08:32
早速の返信ありがとうござ..
by あわたさちこ at 22:32
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧